『セキ ユウティン』

 昨年、熊本地震で中止となった「KKT杯バンテリンレディス」が、4月中旬から開催され、注目のニューフェイスたちが、火の国・熊本で火花を散らした。

 今季いちばんの注目株は、昨年の中国女子ツアー賞金女王のセキ ユウティン(19)。「中国の天才美少女」と呼ばれた逸材で、まだ彼女を知らないギャラリーが、「今の美人選手は誰?」と、振り返るほど。

「日本語の聞き取りはできるが、話すのは苦手で父親が通訳をしています。すでに人気が高く、多くのギャラリーが彼女の組についてまわっている。ファンからキーホルダーをプレゼントされて、キャディバッグにつけていますよ。1勝挙げたら一気にブレイクするでしょう」(ゴルフ記者)

 父親の仕事の都合で福井県で生まれ、5歳までを同県で過ごした。妹もゴルフをしており、アマチュア時代は「美人ゴルフ姉妹」として話題になっている。171cmとスタイルも抜群だ。

『高橋恵(左)と川崎志穂』

 一方、日本勢だって負けてはいない。記者やカメラマンの間で、「かわいすぎる」と話題になっているのが川崎志穂(20)。

「スラッとしたモデル体型で、いまどきの感じの美女。ぜひ、うちでマネージメントをしたい」(芸能事務所関係者)と、早くも争奪戦が始まっている。

 また、13歳で下部ツアーのステップアップツアー最年少優勝を果たし、「天才少女」といわれた高橋恵(20)の姿も。長い間不振が続いていたが、昨年ようやくプロテストに合格。今季からツアー本格参戦中だ。

 イ・ボミのライバルたちが咲き誇っている!

(週刊FLASH 2017年5月2日号)