【ソウル聯合ニュース】北朝鮮で近ごろガソリン価格が高騰していると、米政府系メディアのボイス・オブ・アメリカ(VOA)が11日、平壌に駐在する西側外交官の話として報じた。

 北朝鮮のガソリンスタンドでは最近、ガソリン価格が1キロ当たり1ドル30セント(約150円)と以前の70セントから85%以上上昇した。1回当たりの給油量を10リットルまたは20リットルに制限しているガソリンスタンドもあるという。
 また、北朝鮮ではガソリンの消費を減らすため自動車のナンバープレート末尾の番号に基づく厳しい走行制限が依然続いており、官用車を週末や夜間に運転する場合は許可が必要となる。
 北朝鮮のガソリン価格高騰は、米国から対北朝鮮制裁強化を求められた中国が原油輸出を制限する可能性に備え、当局が既存の保有分を備蓄しているためとの見方が出ている。
hjc@yna.co.kr