転がし上手は恋愛上手!?彼のモチベーションを上げる方法

写真拡大



カップルも夫婦も、うまく付き合っていくためにはお互いの努力が必要ですよね。その中でも、女性が力を入れてほしいのは、彼を気持ちよくさせて、モチベーションをあげてあげること。これができれば、彼自身もいい関係を続けるために頑張ってくれます。そのために、押さえておきたい行動をお伝えしていきます。

■【「ありがとう」をマメに】

基本的なことですが、感謝の気持ちは仲が良いほど“当たり前”になって言わなくなってしまいますよね。でも、一番そばにいる人だからこそ、しっかりと感謝の気持ちを伝えることで、関係が持続していくと思うのです。小さなことでも彼が何かしてくれたら「ありがとう、うれしい」の一言を伝えるように心がけましょう。感謝を伝えることで、男性は「自分の行動が相手のためになっている」ということがとても嬉しく感じますし、自信がつくのです。あなたとのことだけでなく、お仕事や勉強、家事なんかも、「頑張ってやろう!」と気合が入るでしょう。あなた自身も、彼に対して感謝の思いを日々確認することができるので、愛情が長続きしていきそうですね。

■【「お疲れ様」とねぎらう】

男性だって、ちょっとしたことで落ち込んだり、気持ちがマイナスに向いてしまうこともあります。女性からすれば「頼りない」「もっとしっかりしてほしい」と、文句が出そうなものですが、ねぎらいの気持ちを忘れてはいけません。特に彼が、失敗をしたとき、怒られたときなどは、あなたが一番の味方となって寄り添ってあげることが大切です。「お疲れ様」「いつもよく頑張っているよね」など、彼をねぎらう言葉をかけてあげましょう。落ち込んでいるときだからこそ、彼はあなたの存在や言葉に、とても感激するはずです。「こいつと付き合っててよかった。もっと頑張ろう。」と、失敗をバネにして立ち上がってくれるかも。慰めてもくよくよしている彼なら、ねぎらいのあとに一喝するのは問題ないでしょう。メリハリが大切ですね。

■【一日に一度は褒める】

お仕事のこと、おうちでのこと、何でも良いのです。必ず彼を“褒める瞬間”を作りましょう。

家で食器を洗ってくれたら、「すごい!こういうところも器用なんだね。」

お仕事の愚痴を聞かされても、「そんな大変なお仕事しているなんてすごいな…私なら無理かも。」などなど、とにかく“褒める”ということに特化して話をしてみましょう。

そうすると、マイナスな状況はプラスに変換できますし、お手伝いをしてもらったときも、彼を立てる形で気持ちよく終わることができますね。褒めるということで彼は“認めてもらえた”“自分の存在は役に立っているんだ”ということで、モチベーションを維持できそうです。

■【言うよりいったん、聞き役に】

彼とけんかになったり、意見が食い違うこともありますよね。感情的になると、つい自分の意見や気持ちを相手に押しつけてしまうこともあるでしょう。でもそれでは、解決どころか火に油を注ぐ事態になりかねません。そもそも、人はそれぞれに価値観も考え方も異なります。自分の考えを伝えようとムキになるよりも、まずはお互いの思いを受け止め合うことで場が落ち着き、円満に解決に向かいやすくなるのです。まずは、彼の意見を“聞く”ということを意識してみましょう。「そっか、そう思っているんだね。でもね、私は〜〜って考えていたの。」など、彼の意見を否定することなく、まずは聞き出す、そして受け入れる。

そうすると彼は「自分のことをしっかりわかってくれている」ということで安心してくれるでしょう。自然と彼もあなたの気持ちを受け止めようと意識してくれるので、ムダにケンカにもならずに済みそう。それぞれの意見を認め合い、良い関係を築けたらいいですよね。

■おわりに

いい関係を続けていくための努力にもいろいろありますが、女性が上手に男性を理解しサポートすることができれば、彼も頑張ってくれる、というのは良いですよね。男性を上手に転がして、恋愛上手を目指しましょう!(あやか/ライター)

(ハウコレ編集部)