大学図書館で働く猫「ジャスパー」 仕事内容は疲れた学生たちのハートを日々癒すことニャッ♪

写真拡大

イギリス・ケンブリッジ大学の図書館、マーシャル経済学図書館(Marshall Library of Economics)には、キュートな代理司書が勤務しています。名前はジャスパー(Jasper)、5歳の茶トラ猫の男の子です。

同じく図書館で代理司書として働くサイモン・フロスト(Simon Frost)さんによってこの場所へ連れてこられたというジャスパーは、学生たちの人気者。今では図書館の “公式マスコット” 的存在なのだそうで、イベント「ジャスパーとのティータイム」を開催した際には、実に140名もの猫ラヴァーが集まったんですって!

【事故で脚を失っています】

ジャスパーの脚は、3本しかありません。

海外サイト「Love Meow」によると、ジャスパーは前の飼い主に捨てられた後に事故に遭ってしまったよう。助け出され、左の後ろ脚を失ってからは、動物慈善保護団体に引き取られたのだそうです。

【図書館司書は天職!】

その後フロストさんと出会い、今の職場(図書館)に通うようになってからは、すっかりお気に入りの場所に! 本棚をぐるりと閲覧して歩いたり、おススメの本に目を通したり、新聞の上にごろんと寝ころんでお昼寝をしたりと、図書館ライフを満喫しているみたい。

フロストさんいわく、ジャスパーは社交的で人に会うのが大好きな猫。脚が3本しかないので歩くときはトラのように弾むらしく、普段は素早いけれど不安定な場所だとスローペースになるのだそうです。しかしそれでいて、難なく階段を走ったり木登りしたりするというのだから、身体能力ハンパないっ!

【訪れる生徒たちを癒す存在に】

また海外サイト「BBC News」が掲載した、同じく図書館で働く司書クレア・トローウェル(Clare Trowell)さんの話によると、ジャスパーは訪れた生徒たちをリラックスさせて、ストレスを軽減する役割をも担ってくれているのだそう。

「ジャスパーに癒されたと話す生徒たちの多くは、ペットを失った経験のある子でした」と、トローウェルさんは語っています。

ジャスパーがいることで、家にいるかのような気分でリラックスできる……。だから今日も生徒たちは、ジャスパーに会いに図書館へと通います。学生たちのオアシスと化した図書館に、もはやジャスパーはなくてはならない存在のようです。

参照元:Facebook、Love Meow、BBC News
執筆=田端あんじ(c)Pouch

この記事の動画・画像を見る