写真提供:マイナビニュース

写真拡大

凸版印刷は5月10日、タイを中心としたASEAN地域で事業を展開するジオブレインとHansa International(Thailand) Co.Ltd.(以下 ハンサ)のニ社と事業協力で合意し、タイを中心にASEAN各国でのマーケティング全般における支援サービスの本格的な提供を開始することを発表した。

今後、ASEAN市場へ進出する日系企業向けに、販促イベントや店舗デザイン、工場見学施設の企画・設計・施工、SNSキャンペーン・Webサイト構築などのオンラインマーケティング、VRなどの先端表現技術を活用したソリューションサービスなどマーケティング全般にわたるソリューションを提供していく。

これによると、ASEANは今後も継続的な経済成長が見込まれており、進出する日系企業は増加傾向に。一方で事業を成功させるためには、現地の特性に合わせたマーケティングにより、さまざまな需要を獲得していく必要があるという。

凸版印刷グループはこれまでも、ASEAN市場において、商品パッケージやセキュリテイ商材などの分野で、タイやインドネシアを中心に事業を展開。2016年7月にはタイに駐在員事務所Toppan Printing Thailand Representative Officeを開設し、マーケティング事業の市場開拓を行ってきた。

最近では、文化・歴史資産をデジタルアーカイブ化し、観光資源として活用することで地域の活性化につなげる取り組みをタイで進めるなど、先端表現技術を活用した新事業を推進しているほか、今回事業協力する二社とともにミャンマーにてキリンホールディングス子会社のミャンマーブルワリーの工場見学施設の企画・設計・施工も担当したという。

今回の取り組みでは、凸版印刷の持つ顧客基盤や技術力と、二社のASEAN各国でのビジネスの知見とネットワークを活用し、ASEAN市場でのマーケティング分野でのビジネスを拡大し2020年度に20億円の売上を実現したい考えだ。

(小松原綾)