女優のん"サラリーマンは理想の大人です"

写真拡大

女優・のんさんが、3月15日に『創作あーちすと NON』(太田出版)を出しました。自身が「創作あーちすと」として取り組んだ絵画や写真などの作品のほか、桃井かおりさんや清水ミチコさん、矢野顕子さんなど多方面で活躍する「先輩」との対談が収録されています。いつも朗らかで自由にみえるのんさんは、今なにを考え、どこに向かおうとしているのか。彼女の「仕事論」を聞きました。

■「この仕事がなかったら、のたれ死んでそう」

――私たちは「プレジデントオンライン」というサイトをやっているんですが、「プレジデント」という雑誌をご覧になったことはありますか?

……すみません。

――読者の多くは、毎日同じ時間に、同じように働きに出るようなサラリーマンなのですが、のんさんからはそうした働き方はどうみえますか?

憧れですね。まさに理想の大人というか。

――どういうところが理想なんですか。

自分が女優のお仕事をしていなかったら、そういう会社勤めができるのか、という危うさがあって。妹にも「この仕事がなかったら、のたれ死んでそう」と言われるくらい頼りないところがあるので、私はサラリーマンの方々を尊敬しています。一生、憧れていくんだと思います。

――のんさんからは、みんなすごいパワーをもらっていると思います。

なんて言ったらいいんですかね。職種がちょっと違いますよね。会社で仕事をしているのと、自分の顔や身体で仕事をしてるのと、また違った感じですよね。

――そういう人たちにとっては、のんさんのような自由な働き方は、まぶしく見えると思います。

そうですかね。尊敬している皆さんの疲れをふっとばせるように元気に活動していきたいです。

――そう言われると、読者も喜ぶと思います。

どんな生活を送られているのか、のぞきに行きたいです。勤めに行きたいです。

――ご自身でやってみるなら、どんな仕事がいいですか。

どんな仕事がいいですかね。自分にできることで考えると……。

――公務員?

ハードル高いですね。やっぱり、私はどこにも雇ってもらえなさそうな気がします……。

――子供の頃、あこがれていた仕事は?

子供の頃は、看護師さんとか、お笑い芸人さんとか。

――看護師さんは人に元気を与える仕事ですから、とても向いていると思います。

そうですか。あこがれますね。あこがれや夢見る対象です。でも、そう言ってもらえると嬉しいです。

――本を拝見して、一番印象に残ったのは、のんさんが故郷(兵庫県神河町)で撮ったスナップ写真でした。今回あらためて自分の故郷を撮影してみて、どう思いましたか。

おもしろかったですね。

――どこがおもしろかったですか?

小学生ぐらいまで住んでいた実家は途中から引っ越していたので、ほんとにちっちゃいときの記憶しかない場所があったりして。実家に帰るときにも行っていない、十何年行っていないような場所を巡ったりしたので、すごく道が狭く感じたりとか、ここらへんの田んぼはもっと広いと思っていたなとか。「すべてがちっちゃーい!」みたいな感じで。その子供のころに感じていたものとの違いがおもしろかったです。あと、まったく変わっていないところもたくさんあったんですけど。中学校は変わり果てていて、知らない学校みたいになっていて。その中に当時お世話になった学年主任の先生と出くわして、不思議な感じでしたね。なんかこう歩いていると、景色を見て、思い出したり。芋づる式に記憶が呼び起こされるのがちょっとおもしろかったです。

■好きなことをやらなきゃ

――ご自身の故郷での思い出は、これまでの役作りに生きていますか?

山に囲まれている土地で育ったので、田んぼに入ったりとか、草で遊んだりとか、虫と戯れたり。オタマジャクシを捕まえて、飼育して、さよならしちゃったりとか。そういう田舎の特権みたいな遊びで遊んでいたり、自然が当たり前の中で過ごしていたので、それはとても生かされているかなと思います。

――本のなかでは、桃井かおりさんや清水ミチコさん、矢野顕子さんなどとの対談も読み応えがありました。そのなかで、写真家の鈴木心さんが、「一連の撮影で、のんさんから学んだことは、『好きなことをやらなきゃ』ってこと」と発言されていました。「好きなことをやる」という姿勢を貫くためには、我慢をしなければいけないこともあると思うのですが、なにか我慢していることはありますか?

チョコレートを我慢しています。

――(笑)それはずっと?

お休みの日だけはつまみます。でもやっぱりお肌のために。チョコレートを食べると、一瞬でブツブツって出てきちゃうので。やっぱりお肌は重要なのです……。チョコレート大好きなんです。食べたいんですけど。アーティストであり、女優なので。お肌が命なので気をつけています(笑)。

――チョコレート以外は?

チョコレート以外だと、何ですかね。あっ、髪型を変えないようにしています。もう切っちゃいたいとか、もうちょっと伸ばしてみたいとか、冒険心はあるんですけど。

――どうして我慢しているんですか?

ぶれないイメージのためです。イメージ戦略!

――(笑)やっぱり大変な我慢があるわけですね。

はい、地道な努力があります。

――のんさんからは、いつも朗らかで自由な感じを受けます。チョコレートを我慢しているというのは初めて知ったのですが、そうした我慢は、表現者としてはあまり伝えないほうがいいことなのでしょうか。

そうですね。人それぞれだと思うんですが、けっこう表現することに関しては、見ている人が楽しめたりとか、その作品をおもしろいと思っていただいたりとかっていうのが仕事だと思うので、我慢するのが仕事というわけではないんです。そのために我慢しなきゃいけないことがあっても、それは作品を表現するために仕方のないことという感じなんですかね。よくわからないです。我慢しないです、私。チョコレート以外(笑)。

――幼い頃から絵を描くことが好きだったとうかがいました。ただ、いまではのんさんに「描いてほしい」という依頼も多いと思います。自分で好きに描く絵と、今お仕事で描いている絵というのは、ご自身の中で全然違うものですか。

今回の本は自分自身の本なので、自由に描いていたときとまったく違うというわけではないんです。依頼されたものを描くというときは、ちょっと違うかもしれないですね。提示されたテーマみたいなものがあると、また違った楽しみがあります。

■「貝殻から出て仕事をしている」

――今回、本の中では「素ののんさん」という言葉が何度か出てきていました。「素である」ということは、意識しますか?

あんまり意識しないですね。桃井かおりさんには「貝殻から出て仕事をしている」って言われました(笑)。

――そうでしたね。本の中で桃井さんは、「私たちは生モノだから、すごく気をつけなきゃいけない」「乾かないように、時々は貝殻に入ってね」とアドバイスしていました。これからものんさんの「素」のイメージを、汚したり、壊したりしたい人たちが、いろいろなテーマを依頼してくると思います。本のなかでも「誰も知らないのんを俺の手で引き出したい」という人を「苦手!」とおっしゃっていました。

いやだって言っちゃっているんですよね(笑)。恥ずかしながら万能ではないんです! 情けない!

――ドロドロしたものが苦手だと。

ドロドロ系がなかなか出てこないんですね。内側から。でも、できないって言いたくないので、できます!

――できるのに、やらない?

見る人が、私だと楽しくないかな、と。一回きりで終わっちゃう気がして。一回きりの切り札ですよね。

――まだチャレンジしたことはないですか。

まだないです。

――今後、いつかやるかもしれないということですね。

おばあちゃんとかになってからとか。ほんとにガラッと変えたいときは切り札を。大事にしています。切り札を大切にしているんですよ。

(女優、創作あーちすと のん プレジデントオンライン編集部=構成 篠塚ようこ=撮影)