物語の始まりは勇者と魔王の最終決戦。

王道系かと思いきや、その後の物語は過去にさかのぼっていき、魔王が隠していた優しい思惑が明かされていくことに……。


© 2017 SEKAI NO HEIWA 以下、同じ

『世界の平和を守る者』は、ドット絵系の放置ゲーム。

なつかしい2Dグラフィックにひかれて遊び始めたところ、心に響いた部分がありましたので、その感想をお届けします!


魔王を倒すたびに過去のエピソードが明らかに

ゲームの流れはシンプルで、「敵と戦ってお金を稼ぐ(ほぼ自動戦闘)」→「そのお金でキャラのレベルを上げて強くする」→「敵を倒すと物語が進む」というもの。

画面をタップをすることで少し効率が上がりますが、基本的には自動的にお金が増えていき、さくさくとキャラが強くなっていきます。


そのさくさく感も楽しいのですが、個人的にグッと来たのはストーリー展開。

▼チュートリアルはコミカルテイスト。単なるザコかと思いきや、意外と出番が多いヤツらです。


本作では何度も魔王と戦うことになります。倒しても倒しても、魔王はしつこく立ち上がり、復活します。

魔王を倒すたびに過去のエピソードが明かされ、魔王の真意が明らかになっていくのですが、それがとても切ないんですよ。


勇者を恐れた国王により、世界の平和が破られる

主人公の父である勇者が魔王を倒したことにより、世界に平和が訪れたかのように見えました。

ですが、実際には勇者の力を恐れた国王との対立が起こり、世界に戦争が起こってしまうことに。


これに対して立ち上がったのが、なんと魔王!


魔王は、自分が「世界の敵」になることで人間たちのヘイトを一手に集め、勇者と国王の戦いを止めようとしたのでした。なにこの魔王、かっこいい!


てか、「魔王、死んでなかったんかーい!」というツッコミを入れたくなりますが、そのへんは実際にゲームを遊ぶとあまり気になりません(笑)。

ノリが軽いし、この段階ではギャグ系のゲームなのかなと誤解したくらいです。……今思い返すと、ここで物語が終わっていれば、あんなに悲しい結末にならなかったのにと、胸が詰まります。

ここから先はネタバレになるので伏せますが、魔王復活によって人間たちの戦争がどんな結末を迎えたのか、なぜ魔王を何度も倒しても復活するのかなど、さまざまな伏線が明かされていきます。


さくさく進むこともあり、半日もあれば物語の結末までたどり着けるはずなので、気になった方はぜひ自分の目で魔王の決意の行方を確かめてみてください。

真のエンディングがあるのか気になる!

自分は本作をクリアしたつもりですが、ちょっと引っかかっている部分があります。

××の力によって時間が××しているので、この物語の終わり方は納得がいくのですが、個人的にはやっぱりハッピーエンドが好きなんですよね。

▼画面左上のアレ、壊したりできないのかな……。


もしかしたら、隠しエンディングがあるんじゃないかと疑いつつ、ひとまずはお金のカンストを目標に、今もゲームを遊び続けています!

おまけ:キャラをレベルアップするとプロフィールが更新

個人的にニヤリとしちゃったのが、キャラをレベルアップするとプロフィールが少しずつ更新されていくこと。

上から3番目の剣士の恋は実るのか?なんだか気になり、優先的にレベルを上げちゃいました(笑)。