ものづくりの町「燕三条」がつくる バーベキューブランド「TSBBQ」

写真拡大

「スタイリッシュなバーベキュースタイル」を提案する、アウトドア用品の新ブランド「TSBBQ」はこのたび、第1弾の新商品となる「ローストスタンド」を2017年5月24日に発売することを発表しました。

【ギャラリー】これでクルクルするのだ!商品画像などをまとめて見る


今回、欧米で親しまれているようなパーティ・バーベキューをイメージして開発されたのは、くるくると60度ずつ回しながらまんべんなく火を通すことで、じっくりと肉を焼ける調理器具。今までは難しかった「シュラスコ」や「ローストビーフ」などのメニューを、アウトドアでゴージャスに味わうことができます。

独自の視点で開発されたオリジナリティあふれる製品は、これまでのBBQになかった料理シーンを提案してくれるはず。思わず試してみたくなる、「憧れのバーベキュー体験」を楽しんでみませんか?

■肉料理だけでなく、焼きながら楽しめるバウムクーヘンも調理可能

ローストスタンドをコンロの上に乗せ、肉にサーベルを刺して、コンロの上で回転する。たったそれだけで「シュラスコ」や「ローストビーフ」といった、本格的な肉料理が楽しめます。さらに付属の専用棒を使えば、なんとバウムクーヘンを焼き上げることも可能!スタンドは、分解してコンパクトに収納できるので、いつものバーベキューグッズと一緒に手軽に携帯できます。

■ローストスタンドの概要

セット内容
● ステンレススタンド×4本
● スタンドコネクション×2個
● サーベル
● バウムクーヘン木製棒
● キャリングケース
販売価格 : 9,800円(税抜)