『連続ドラマW アキラとあきら』

写真拡大

 7月9日から放送される、向井理と斎藤工がW主演を務めるWOWOWプライムドラマ『連続ドラマW アキラとあきら』より、ポスタービジュアルと場面写真が公開された。

その他の写真はこちら

 本作は、池井戸潤の“幻の長編”と呼ばれていた同名小説が原作のヒューマンドラマ。自らの意志で人生を選んできたエリート・階堂彬と、自らの能力で人生を切り開いてきた天才・山崎瑛の宿命を描く。大企業の後継者として生まれ、将来が約束された宿命に抗う階堂彬役を向井理、父の会社が倒産し、夜逃げなどの過酷な運命に立ち向かう山崎瑛役を斎藤工が演じるほか、小泉孝太郎、田中麗奈、賀来賢人、木下ほうかなどが出演する。

 このたび公開されたポスタービジュアルでは、階堂彬と山崎瑛が向い合うように佇みながら、鋭い眼光で視線を向けた姿が写されている。場面写真には、健闘を讃えあう彬と瑛、松重豊演じる彬の父の姿、田中麗奈演じる瑛の旧友・亜衣の姿などが収められている。

 また、W主演の向井と斎藤からは以下のコメントが届いている。

■向井理(階堂彬役)コメント
このポスターを目にしていただいた皆様にどんな印象を持たれたかぜひ聞いてみたいですね。ライバル関係のようにも見えるでしょうし、二人の友情も感じられると思います。それぞれが色んな想いを持って期待される方もいるでしょうから、その気持ちに応えられるドラマにできたらと思います。

■斎藤工(山崎瑛)コメント
ポスターに佇む彬と瑛を見て、僕らが演じていることに意味があるなと感じていただけたら嬉しいです。また、シンプルですがとても力強く、ちゃんとその時代に生きているビジュアルになっていると思います。

(リアルサウンド編集部)