2017年第1四半期に世界でもっとも売れたスマートフォンのモデルは、AppleのiPhone7だったことがわかりました。

人気上位6モデルで全体の6分の1に

調査会社Strategy Analyticsの報告書によると、2017年第1四半期に世界全体で出荷されたスマートフォンの台数は3億5,330万でした。また人気上位6モデルの合計出荷台数が、全体の6分の1を占めました。
 
1位はAppleのiPhone7、2位もAppleのiPhone7 Plusで、1、2位をiPhoneが独占する形となっています。Strategy Analyticsはこの結果について、ユーザーフレンドリーなデザイン、幅広い分野にわたるアプリ、入手しやすさが貢献した、と見ています。

3位はOPPO、4位と5位にSamsungがランク入り

3位は中国のOPPOのOPPO R9で、890万台を出荷して市場シェア2.5%を獲得しました。OPPOは西欧諸国では無名ですが、中国では高い人気を誇り、インドでも順調にシェアを伸ばしています。R9はOPPOのフラッグシップモデルで、デュアルSIM、指紋認証機能などが特徴です。
 
Samsungは最新モデルのGalaxy S8がまだ売上に反映されないなか、昨年発表した2モデルが4位と5位にランク入りしました。Strategy Analyticsによれば、ミッドレンジモデルとなるJ3とJ5は欧州およびアジア市場でよく売れ、爆発事故でリコールとなったNote 7トラブルの緩和に役立った模様です。
 
第1四半期のメーカー別出荷台数では、Samsung、Apple、Huawei、OPPO、Vivoの順となっています。
 

 
 
Source:Strategy Analytics
(lunatic)