『スリーピー・ホロウ』

写真拡大

首なし騎士伝説を現代風にアレンジした米FOXのダークファンタジー『スリーピー・ホロウ』。2013年にスタートした同番組はここしばらく、継続するのか更新するかが注目されていたが、ついに幕を下ろすこととなった。米Entertainment Weeklyなど複数のメディアが報じている。

4月9日(火)、FOXは同作のシーズン5を製作しないことを発表。今年3月に放送が終了していた全13話のシーズン4をもって同シリーズは終わりを告げることが決まった。

シーズン3をもって主役コンビの一人を務めていたアビー役のニコール・ベハーリーのほか、FBI特別捜査官ダニエル・レイノルズ役のランス・グロスと、捜査官ソフィー・フォスター役のジェシカ・カマチョもレギュラーから降板。2016年5月にようやく製作が決定していたシーズン4からは新たに、ジャニナ・ガヴァンカ(『トゥルーブラッド』)、ジェレミー・デイヴィス(『LOST』)、ロビー・ケイ(『ワンス・アポン・ア・タイム』)などが出演していた。また、物語の舞台がニューヨークのスリーピー・ホロウからワシントンD.C.に変更。しかしシーズン4の平均視聴者数は330万とふるわず、18〜49歳の層でも0.9レーティングにとどまっていた。

FOXでは一足先に『ピッチ 彼女のメジャーリーグ』と『ローズウッド 〜マイアミ私立検視ラボ』の打ち切りを明らかにしており、『スリーピー・ホロウ』は同局が終了を発表した今季3本目の番組となった。FOXのドラマシリーズではほかに、『APB ハイテク捜査網』『エクソシスト』『スクリーム・クイーンズ』などの去就が注目されている。(海外ドラマNAVI)