写真提供:マイナビニュース

写真拡大

長澤まさみ主演の映画『散歩する侵略者』(2017年9月9日公開)の追加出演者が11日、明らかになった。前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石研、東出昌大、小泉今日子、笹野高史らが出演する。

同作は劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの同名舞台を映画化。長澤は、数日間行方不明になっていた夫が侵略者にのっとられて帰ってくるという事態に巻き込まれる主人公・加瀬鳴海を演じ、侵略者に乗っとられる夫を松田龍平、ジャーナリスト・桜井を長谷川博己が演じる。

前田は、長澤演じる鳴海の妹・明日美を演じ、物語が動き出すきっかけとなる。満島は加瀬真治(松田龍平)が散歩中に出会う、引きこもりの青年・丸尾役、お笑いコンビ・アンジャッシュの児島は、一家惨殺事件を捜査する刑事・車田を演じる。

また鳴海の取引先の会社社長・鈴木役に光石、真治が出会う牧師役に東出、物語のキーパーソンとなる医者役に小泉、加瀬夫妻たちの前に出没する謎の男・品川役に笹野と、豪華俳優陣が脇を固める。

メガホンを取る黒沢清監督は「正直こんなに集まってくれると思わなかったので、感激しました」とコメント。「そのシーンそのシーンできっちり見せ場を作ってくれているので、その人たちがどんな目に遭っていくのかというのを観るのもこの映画の楽しみの一つ」とアピールした。