内助の功で夫を支え続けたブリジットさん(右)

写真拡大

 決選投票の勝敗が決すると、パリのルーブル美術館前を埋め尽くす支持者から大歓声が上がった。

「皆さんありがとう。勇気を持って戦ってくれたことを感謝します。皆さんは勝利しました。フランスは勝利しました。私はフランスを守ります」

 ステージに登壇したエマニュエル・マクロン氏(39才)がスピーチする間、観衆の拍手が鳴り止むことはなかった。5月8日、フランス大統領選の決戦投票でマクロン氏がマリーヌ・ルペン候補(48才)を破り、第25代大統領の座を勝ち取った。

 超エリート大学から有名銀行を経て、史上最年少で国のトップへと登り詰めたこのイケメンが支持を集めた理由は、ルックスや華々しい経歴、そして政策だけではない。

 この日、ステージ下で歓喜を分かち合うマクロン陣営の中に、彼の勇姿を涙ながらに見つめるひとりの“美魔女”がいた。新たにファーストレディーとなる妻のブリジットさん(64才)だ。

 年の差は25才。恋愛に寛容なフランス国民でさえ驚嘆したという夫婦のなれそめは、愛と労いたわりに満ちていた。

 ふたりの出会いは、マクロン氏が通っていたフランス北部・マミアンのカトリック系ハイスクール。彼は当時16才。ブリジットさん(当時41才)は同校で国語教師兼演劇部顧問を務めていた。

 音楽と文学を愛する穏やかなマクロン少年は、演劇部に入部するやミラン・クンデラの戯曲『ジャックとその主人』で主演の座に抜擢。脚本について顧問のブリジットさんと打ち合わせをする過程で、彼女に好意を持ったという。

「一途な彼は、自分の気持ちを隠すことなく伝え、ふたりの仲は急速に発展していったそうです。でも、ブリジットさんは当時銀行員の夫と3人の子供がいた。しかもその子供たちの年齢はマクロンさんとさほど変わらない。カトリック系の学校だけに規律も厳しく、ふたりの不倫愛は学校でも問題になったといいます」(在仏ジャーナリスト)

 ふたりの交際にマクロン氏の両親は猛反対。父親はブリジットさんに「息子が18才になるまで身を引いてほしい」と懇願し、パリの高校に転校させてしまう。引っ越しの際、マクロン氏は彼女にこう話したという。

「ぼくは何があっても必ずあなたと結婚します」

 高校卒業後、多数のエリートを輩出するパリ政治学院、国立行政学院(ENA)に進学した彼は、財閥系ロスチャイルド銀行に就職。

「この間、マクロンさんはブリジットさんに毎日電話し続けたそうです。彼の真剣な愛にブリジットさんは全てを捨ててでも共に生きることを決意し、2006年に夫と離婚。後を追ってパリに引っ越しました」(前出・在仏ジャーナリスト)

 2007年、ふたりは結婚。プロポーズから10年以上が過ぎ、マクロン氏は29才、ブリジットさんは54才になっていた。銀行を辞めて政界入りしたマクロン氏は、大統領府副事務総長としてオランド前大統領(62才)の側近を務め、2014年には経済相に就くなど破竹の勢いで出世した。

「彼の演説原稿は常にブリジットさんが指導してきたそうです。“私にわかるよう直さなければ、国民は誰もわからないわよ”って(笑い)。マクロンさんは今も彼女に頭が上がりません」(別の在仏ジャーナリスト)

※女性セブン2017年5月25日号