J最強のレフティー?東京Vの安在和樹、今季の強烈なシュートをひたすら見る

写真拡大

ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督の下、ここまでのJ2で3位につけている東京ヴェルディ。

4月は3敗を喫するなど満足のいく結果を残すことができなかったが、第2節第6節まで5連勝を飾り、前節も首位を走る横浜FC相手に引き分けた。

そんなチームで今季、素晴らしい活躍を見せているのがDF安在和樹だ。

(※00:36から)

(※01:39から)

強烈な左足を持ち、リオ五輪に向けたU-22日本代表候補にも選ばれた安在。

その左足は今季も冴え渡っており、先週末に行われた横浜FC戦では長距離からの強烈なシュートでスタジアムをどよめかせた。

そんな安在だが、実は今シーズンはこうしたパワフルなシュートを何本も放っている。その一部をご覧いただこう。

・第2節 大分トリニータ戦(03:20から)

・第5節 FC岐阜戦(02:36から)

・第7節 湘南ベルマーレ戦

・第8節 モンテディオ山形戦(00:59から)

・第8節 モンテディオ山形戦(01:40から)

いずれも強烈なミドルシュートであり、相手GKに“怖さ”を感じさせるようなキックばかりである。

正確な左足を持つ日本人は確かに存在するが、ここまで強烈なシュートを打つことができる日本人はあまりいないだろう。今後も東京Vと安在の活躍に注目だ!