ゴッホの『星月夜』にスヌーピーやスポンジボブが…! カラフルポップでちょっぴり奇妙なアート作品が素敵です

写真拡大

オランダの画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作『星月夜(The Starry Night)』をモチーフに、スヌーピーやトトロなどの人気キャラクターを登場させたリメイク・アート作品を手掛けているのは、アメリカ・ニューヨークを拠点に活動するアーティスト、アジャ(Aja Trier)さんです。

海外ショッピングサイト「Etsy」内ショップ「SagittariusGallery」で購入することもできる作品の数々は、ポップでキュートで、ちょっぴり奇妙。

ゴッホ作品ではおなじみの「ぐるぐる」とした筆のタッチと、独特な青。不思議な色合いの空をバックに見慣れたキャラクターたちが佇む姿に、つい目を奪われてしまいます。

【あの人気キャラたちが続々登場】

空を見上げて横たわる、スヌーピーとウッドストック、そしてチャーリー・ブラウンやピーナッツの仲間たち。

真顔でじっと佇む大トトロに、空を仰いではしゃぐスポンジ・ボブ、そして空中へと舞い上がるパワーパフガールズ。それぞれの背景にはあの「ぐるぐる」が色鮮やかに渦巻いています。

ゴッホの作品『星月夜』がこの世に誕生したのは1889年。非公式ではあるものの、100年以上もの時を超えたこのコラボは貴重かも? なぜかどのキャラもゴッホ的世界観にしっくりなじんでいる点にも、注目していただきたいところですっ。

【存在感がすごい】

それぞれの作品は、約20cm×20cmの大きさが最小サイズ。以後25cm、30cm、50cmと続いて、最大サイズは約60cm×60cmとのこと。富士フイルム「Fujifilm Crystal Archive paper」を使用したデジタルアートプリント仕様となっており、価格は税込み988円から1481円。

キャンバスにプリントされた作品だともう少し高額になりますが、それでも4938円と5000円を超えない金額なので、非常に良心的です♪

お部屋に飾ればたちまち、奇妙な世界への入り口が出来上がる。気になった方はさっそく、チェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:Etsy、MoMA
執筆=田端あんじ(c)Pouch

画像をもっと見る