(写真提供=SPORTS KOREA)文在寅(ムン・ジェイン)

写真拡大

大きな注目を集めた韓国の大統領選挙が終わった。

今回の韓国大統領選挙は候補者の多くが“前科”持ちだったり、有力候補の親族たちのさまざまな問題が発覚するなど、結局はいつものように何かと騒がしかったが、大方の予想通り、文在寅(ムン・ジェイン)氏に決まった。

一時は支持率をアップさせた安哲秀(アン・チョルス)氏も、文在寅の勢いは止められなかったといったところだろうが、実は文在寅新大統領は韓国スポーツ界からも支持率が高かった。

人気“チアドル”と文大統領の関係!?

例えば、プロ野球の釜山ロッテ・ジャイアンツの“応援女神”パク・キリャンである。
(関連記事:グラドルのいない韓国で最高の“チアドル”、パク・キリャンがアツい!!

そのルックスと人柄の良さから、“韓国No.1チアドル”とされるパク・キリャンは、早くから文在寅候補を支持。投票参加を促す広告や文在寅の遊説場所に参加し、得意のダンス・パフォーマンスで文氏の選挙活動を盛り上げた。

5月1日には大韓サッカー協会傘下の中学サッカー連盟会長や、プロ野球の元ロッテ・ジャイアンツの監督、ショートトラックスケート韓国代表としてソチ五輪で金メダルに輝いたチョ・ヘリなどが記者会見を開いて、「韓国の体育人の1万人が文候補の支持を約束した。そのなかには水泳のパク・テファンも含まれてる」と、支持を表明していた。

パク・テファンと言えば、一時は“土下座スイマー”の汚名を着せられるも、もともとは国民的スポーツスター。

なぜ韓国スポーツ界は文在寅を支持した?

そのパク・テファンが支持を表明しただけでもニュースだが、なぜ、韓国のスポーツ界は文氏の支持に回ったのか。

それは、今回の大統領選挙に至るそもそものキッカケとなった“崔順実(チェ・スンシル)ゲート”と呼ばれるスキャンダルが、韓国スポーツ界から始まったからでもあるだろう。

スキャンダルの震源地のひとつは、スポーツの所轄官庁である文化体育観光部にあっただけに、水泳のパク・テファン、フィギュアスケートのキム・ヨナなど、韓国スポーツ界の多くのスーパースターたちに、火の粉がふりかかった。

“新体操の妖精”ソン・ヨンジェなどは、あらゆる誹謗中傷を浴びせられたほどである。

そうした煮え湯を飲まされた韓国スポーツ界にとって、事件追求と朴槿恵前大統領弾劾の先頭に立ってきた文在寅は頼れる人物だった。

文氏は大統領公約として、崔順実ゲートに関連する特別調査委員会を設置することを掲げていたが、「最もクリーンでなければスポーツ界が権力と私益追求の手段となり、後ろ指を刺されている現実をきれいさっぱり清算してくれる人物」として支持を集めたのが、文氏だったわけだ。

ただ、新大統領が解決しなければならない問題は山積みだ。

国内政治、経済問題、外交問題などは言うに及ばず、韓国スポーツ界を見渡しても解決せねばならぬ問題は多い。

例えば、崔順実容疑者の娘チャン・ユラが名門・梨花(イファ)女子大に不正入学していたことで明らかになった、韓国大学スポーツ界に蔓延していた不正の数々だ。

かつての日本にも韓国に近い不正がはびこっていたが、韓国スポーツが強くなった背景には、兵役免除や生涯年金制度といったメダリストなどに対する手厚い褒賞や、スポーツ特待生制度があっただけに、その柱の一つが大きく揺れることになった今、新政権がどのような対策を打ち出すかには注目が集まるところだろう。

また、開幕まで1年を切った平昌(ピョンチャン)冬季五輪へのアプローチも注目だ。

今年2月から4月にかけて大小さまざまテスト大会が行われたが、今ひとつ盛り上がりに欠けているだけに、政府レベルで何からの打開策が必要な時期にあることは明らかなのだ。

文在寅大統領を中心とする新政権は、韓国スポーツ界が直面する諸問題をどう解決していくのだろうか。

ちなみに韓国の歴代大統領は、意外にもスポーツと浅はかならぬ関係にあった。

初代大統領の李承晩(イ・スンマン)元大統領(1948〜1960年)はテコンドーや釣りが好きで、1963年から1979年に暗殺されるまで政権の座にあった朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領は、ボクシング好きだったと言われる。

軍事クーデタ―で政権の座についた全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領(1980〜1988年)は大のスポーツ好きで、韓国プロ野球やKリーグは全斗煥政権の後押しで誕生した。

1988年ソウル五輪時に大統領を務めた盧泰愚(ノ・テウ)元大統領(1988〜1993年)はテニスがうまく、廬武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領(2003〜2008年)はボウリングが得意だったが、文在寅大統領は大の野球好きで有名だ。

文在寅大統領は、政治的混乱が続いた韓国の“救援投手”になれるか。注目したい。

(文=慎 武宏)