ナウ先輩役・望月歩、圧巻の演技! 『母になる』第5話を振り返る

写真拡大

 今を生きる3人の女性が“母になる”までの物語を描いたドラマ『母になる』(日本テレビ系)。唯一無二のお母さんになることを誓い、柏崎広(道枝駿佑)の児童養護施設行きを許した柏崎結衣(沢尻エリカ)。第5話では、施設の先輩である田中今偉(通称・ナウ先輩:望月歩)が、広に“生みの親”の尊さを、身を以て教えたシーンが多くの視聴者の感動を呼んだ。

参考:沢尻エリカ、手作り弁当で"親子愛”熱演ーー『母になる』第4話を振り返る

 広を担当する、施設の木野愁平(中島裕翔)が目を離した隙に、彼がいなくなってしまったのが第4話のラストシーンであった。木野が今偉と広を見つけた場所は、ネットカフェ。今偉は、施設に面会に来てくれなくなっていた母親を、施設の仲間から聞いた話を頼りにインターネットの3Dマップで探していた。母親らしき人物を見つけた今偉たち3人は、地図の場所へと向かう。しかし、そこで見つけたのは、新しい愛人と堕落してしまった母親だった。

 今偉の本当の目的は、母の存在の大切さを広に教えることであった。綺麗に取り繕うことを嫌がり、木野という大人の立場が介入することを拒んだ今偉。しかし、今偉の思いは虚しく、母親へのプレゼントとして持ってきたケーキを払いのけられてしまう。それを見た広は思わず「それでも母親かよ!」と叫ぶ。その言葉が、癇にさわった今偉の母親は、「子供を産んだからって誰もが素晴らしい母親になるとは限らない。子供を手放さないと生きづらい、最低などうしようもない母親もいる」と溜まっていた思いを爆発させる。

 母親が立ち去ると今偉は、広に語りかける。「この先、家族はいくらでも作れるが、産んでくれた母親はたった一人。どんな母親でも、それは自分を産んでくれたかけがえのない大切な、たった一人の母親だから」と涙ながらに伝えるのだ。罵声を浴びせられ、傷つきながらも、今偉は広に母親の大切さを教えようとした。結衣の愛が広に向いていながらも、それを拒み施設行きを希望する彼の姿に、今偉は自身の境遇を重ねたのだろう。大人の介入を振り払った今偉だったが、胸のつかえが下りたのか、帽子のツバを目深に降ろし、木野に背中をさすられながら涙を流す彼の姿に、広は母親である結衣との日々を思い出す。広は「俺、あの家に帰ります!」と、柏崎家に帰ることを決心するのだ。その言葉を聞いた今偉の晴れやかな笑顔が、他人を思いやる優しさを物語っていた。

 広は家の前で待つ結衣に花束をプレゼントし、家の中へ。「おかえり」「ただいま」「いただきます」と、あの日の日常が再び戻る。離婚した関係にある結衣と柏崎陽一(藤木直人)も、広の一件で、また少しづつ心の距離を近づけ、結衣の方から彼に婚姻届けを渡す。ゆっくりと柏崎家に幸せが溢れていたところであったが、ラストでは柏崎家が経営する「柏崎オート」の新しい経理に、広の“育ての親”である門倉麻子(小池栄子)がやってくる。さらに、緒野琴音(高橋メアリージュン)が門倉を人殺しだと叫び、物語は一気に急展開へ。次週の予告では、門倉の育ての親としての母親像が描かれることを確認することができる。毎週、様々な母親像を教えてくれるのが、ドラマ『母になる』である。(渡辺彰浩)