2017年5月9日に投開票された韓国の大統領選挙で、第一野党の文在寅(ムン・ジェイン=1953年生)氏が圧勝した。少数与党であることを意識して第一野党(旧与党)から訪問するなど融和路線で政権運営をスタートさせた。

 5月10日午前8時、韓国の中央選挙管理委員会は全体会議を開き、大統領選挙の開票が終了して文在寅氏が当選したことを正式に発表した。この瞬間に文在寅氏が大統領に就任した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

就任するや野党本部に

 文在寅大統領はこれを受けて、韓国軍の李淳鎮(イ・スンジン)合同参謀本部議長に電話。北朝鮮軍の動向に万全の体制で備えるように指示した。さらに、歴代大統領や朝鮮戦争の戦死者らが眠るソウルの国立墓地を参拝した。

 ここまではこれまでの大統領と変わらなかったが、その後の日程は異例だった。

 国立墓地からまっすぐ向かったのは、旧与党でこの日を機に第一野党になった自由韓国党の党本部で幹部に当選の挨拶をした。その後、国会に移動して、各党の幹部を相次いで挨拶回りした。

 韓国では、大統領が野党本部を訪問することなどまずない。国会さえ、ほとんど行かず、必要な場合は各党トップを青瓦台(大統領府)に呼んで話をするのが一般的だった。

 まずは第一野党をというのは、今後の政権運営をにらんだ現実的な行動だろう。

 朴槿恵(パク・クネ=1952年生)前大統領を巡る一連のスキャンダルの表面化と弾劾、罷免、さらに大統領選挙を経て、韓国は長期間、政治の空白と国内の激しい対立が続いた。

 文在寅大統領は、当選が確実になった5月9日夜、ソウル市内で「選挙で争ったが一緒に手を携えて未来のためにともに前進していく」などと語り、「統合」を何度も強調した。

 政治の混乱や対立に国民の間でも疲労感が漂っていた。「統合」はだから重要なキーワードだが、もちろん、実利的な意味もある。

巨大野党から少数与党に

 大統領選挙で圧勝したことで、「共に民主党」は巨大な野党第一党から「少数与党」になった。国会での議席数は120にすぎない。全体の299議席の4割にも満たないのだ。

▽韓国の国会勢力図(5月9日現在)
共に民主党         120
自由韓国党         107
国民の党            40
正しい政党           20
正義党                     6
その他                     6

 野党が反対すれば、重要な政策を実行しようと思っても関連法案が国会を通過しないのだ。それ以前に、政権発足も危ぶまれる。

 行政府の中核を担う首相を任命するためには、国会で人事聴聞会を経て、「50%以上の出席、50%以上の賛成」で「人事同意案」を可決する必要がある。どうしても野党の協力が欠かせないのだ。

最初の関門は首相人事

 政権発足後、まず、最初の試金石は「首相人事」だ。文在寅大統領は、予想外の一手を打った。事前の下馬評にはなかった李洛淵(イ・ナギョン=1952年生)全羅南道知事を指名した。

 李洛淵知事は、ソウル大法学部を卒業後、東亜日報記者になった。政治部や外信部が長い。同郷の金大中(キム・デジュン)元大統領のスカウトで政界入りして、4回当選した。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の時に与党の院内代表も歴任している。

 文在寅政権ができれば、全羅道出身者を首相に起用するという説は強かった。全羅道はもともと進歩色が強い。今回の選挙でも、文在寅氏を圧倒的に支持した。

 一方で、安哲秀氏が率いていた「国民の党」は2016年の総選挙で全羅道で大量の当選者を出した。全羅道出身者を起用して、自らの支持基盤を固めると共に、首相指名の際に「国民の党」の賛成を得る狙いもある。

東京特派員出身の「実力首相」登場か

 李洛淵氏の指名は、間違いなく日韓関係にもプラスの影響があるはずだ。

 李洛淵氏は1990年から東京特派員を歴任した。日本語は非常に堪能で、日本に知己も多い。政界入りした後も、韓日議員連盟副会長兼幹事長などを歴任するなど政界屈指の知日派だ。

 文在寅大統領はかねて、「責任総理」という言い方で、首相の権限を強化する考えを繰り返してきた。李洛淵氏が就任すればこれまでの首相よりも大きな影響力を持つと見られる。

 そんな首相に政権周辺でも数少ない、知日派の起用が決まったのだ。李洛淵氏は5月10日の指名会見で、「1月初めに文在寅大統領が光州を訪問した時、『知事を国政運営のパートナーとしてお迎えしたい』という話があった。10日ほど前に具体的に準備をするようにという話があった」と明かした。

 ということは、かなり早くから首相候補の念頭に李洛淵氏があったということのようだ。

学生運動出身と北朝鮮専門家

 包容力があるベテラン政治家の李洛淵氏の首相指名以外に、2つの重要ポストで、それぞれ文在寅大統領らしい人事を発表した。

 学生運動家出身の比較的若い秘書室長と、2度の南北首脳会談を実務面で支えた北朝鮮専門家の国家情報院長起用だ。

 秘書室長には、任鍾翛(イム・ジョンソク=1966年生)氏、国家情報院長には徐薫(ソ・フン=1954年生)氏を指名した。

 任鍾翛氏は、漢陽大学の在学中の1989年、当時、民主化運動で大きな役割を果たした全国大学生代表者協議会の議長を歴任した学生運動家出身だ。その後国会議員も歴任した当時、韓国外国語大学に在学中の女子学生を北朝鮮に送り込んだことなどで国家保安法違反で有罪になり服役したこともある。

 2000年と2004年にソウルから国会議員選挙に出馬して当選した。今回の大統領選挙の際には、文在寅氏の秘書室長を務めていた。

 朴槿恵政権の最後の秘書室長は1942年生まれで70代半ばだった。文在寅大統領は5月10日の会見で「若い青瓦台」を強調した。

 朴槿恵政権時代に強い批判を浴びた、閉鎖的で秘密主義の青瓦台にイメージチェンジをはかる狙いだ。また、青瓦台機能をソウル中心部の「光化門」付近に移転する公約も掲げており、その作業も担うことになる。

2度の南北首脳会談を準備

 北朝鮮政策が注目を集める文在寅政権だが、その核心業務を担う情報機関である国家情報院のトップに起用が決まった徐薫氏は、1980年、国家情報院の前身である国家安全企画部入りして以来、主に北朝鮮専門家として勤務した。

 金大中政権、盧武鉉政権での「南北首脳会談」では実務接触を手がけた。盧武鉉政権で、国家安全保障会議情報管理室長や国家情報院対北戦略室長などを歴任し、2012年の大統領選挙の際には文在寅氏の選挙対策委員会入りもしている。

 さて、超多忙な日々が始まった文在寅大統領だが、つい一昨日までは超強行軍で選挙スケジュールをこなしていた。その選挙結果を総括しておこう。

圧勝の原因は?

 2017年5月9日午後8時、投票終了と同時に放送各社の「出口調査」が発表になった。

 文在寅氏が圧倒的な支持率である結果が判明し、事実上この時点で当選が確定した。最終結果は以下の通りだ。

▽韓国大統領選挙最終結果(2017年5月9日投票)
文在寅     41.08%    1342万3800
洪準杓     24.03%    785万2849
安哲秀     21.41%    699万8342
劉承旼       6.76%    220万8771
沈相奵       6.17%    201万7458

 わずか3週間ほど前まで、選挙戦は文在寅氏と安哲秀氏の接線だった。だが、テレビ討論会を経て安哲秀氏の勢いが急失速し、文在寅氏の圧勝になった。

 安哲秀氏は2位にも入れなかった。

 当選した文在寅氏と2位に入った洪準杓(ホン・ジュンピョ=1954年生)氏との差は557万票で、1987年に大統領直接選挙が実施になって以来最大になった。

 今回の選挙をどう見るべきか。

「政権交代」と「所信投票」

 キーワードは、「政権交代」と「所信投票」だったのではないか。

 今回の選挙は、朴槿恵(パク・クネ=1952年生)前大統領の弾劾・罷免という異常事態を受けて急遽実施になった。

 国会に議席を持つ5党がすべて候補者を立てて短期間の選挙戦に突入した。多くの有権者が投票日直前まで誰に投票するのか迷った選挙でもあった。

 「政権交代への念願」――「出口調査」の結果が発表なると、「共に民主党」の国会議員や支持者が集まっていた国会の大会議室に姿を現した文在寅氏は、勝利宣言をしながら勝因をこう語った。

 今回の選挙は、前大統領の罷免を機に実施された。保守層であれ進歩層であれ、朴槿恵政権への失望が大きかったことは間違いない。

 「保守から進歩への政権交代が必要だ」

 これが今回の選挙に際して多数派の有権者が考えていた前提だった。

 ではその中で、文在寅氏なのか、安哲秀氏なのか。

 より進歩的な有権者は早々に文在寅氏支持で固まった。問題は、保守、浮動層で「政権交代」が今回は必要だと見ていた有権者だった。

 進歩系でもより受け入れやすい安哲秀氏に多くの支持が流れたのは、こうした層をつかみつつあったからだ。

 一時は、安哲秀氏に十分に勝機はあった。ところが、テレビ討論会で、各論の議論には強いが、「大統領」としての安定感、安心感を有権者に訴えることに失敗してしまった。

 あいまいで頼りないというイメージを与えてしまった。

 安哲秀氏への投票を考えていた有権者の多くが、この時点で離脱した。こうした有権者はどこに行ったのか。

 「政権交代」のために文在寅氏支持に回った有権者も少なくなかった。また、保守層の多くは、洪準杓氏支持に回った。安哲秀氏がテレビ討論会で評判を落とし、当選可能性が低下した。

 では、「政権交代」のために文在寅氏に投票できるかといえば、これまでの言動からその「進歩性」に抵抗感がある。それでは、当選可能性は低いが、保守という「所信」に沿って洪準杓氏に投票するというわけだ。

 洪準杓氏の支持が選挙戦最終盤に急速に伸びたのはこのためだ。投票結果の数字は興味深い。文在寅氏の得票率は41.08%で陣営の期待ほどには伸びなかった。それでも2位以下に圧勝した。

 安哲秀氏の21.41%と合わせると進歩系は62%を超える圧倒的な得票だった。保守層が多いはずの韓国で、こんな数字が出ることは考えられないことだ。それほどまでに「政権交代」への熱望があったということだ。

 2009年に日本で民主党(当時)が圧勝した。あの当時も、「政権交代」が最大の勝因だった。今回の韓国もこれに似ていないことはない。

 「政権交代」という波に乗っての大勝だけだとしたら、文在寅政権も民主党政権の轍を踏む恐れもある。

 だが、ある政治記者は「文在寅氏は、盧武鉉政権で民政首席秘書官と秘書室長を歴任して、政権を運営した経験がある。さらに大統領選挙で一度敗れて準備期間が十分にあった。選挙戦の時は、かなり極端な発言をしても、政権を握れば、現実路線で手堅く進める」と期待する。

人事でつまずかなければ…

 李洛淵カードも野党訪問もまずは評判は悪くはない。

 政権初期、たいがいつまずくのは「人事」だ。文在寅大統領は、当選から就任までの間に2か月ほどの準備期間があったこれまでの例と違い、大統領の罷免で実施になった大統領選挙だったために選挙結果発表、即刻就任というあわただしい作業が続く。

 決めるべき人事も多ければ、北朝鮮問題や日米中露など周辺国との関係改善など課題も多い。どう滑り出すことができるのか。

 まずは1カ月が注目だ。

筆者:玉置 直司