端末に手を触れなくても音声アシスタントSiriを呼び出せる「Hey Siri」機能ですが、iPadシリーズでは9.7インチ版iPad Pro以外を除くと、電源をつながない限り使えないという事実は、あまり知られていないようです。

手を触れなくてもSiriを呼び出せる「Hey Siri」機能

iPhoneなどのiOS端末、そしてMacでも利用可能となった音声アシスタントSiriは、ホームボタンを長押しするなど本体に触れなくても、「Hey Siri」と呼びかければ音声だけで呼び出すことができます
 
ただし一部のiPhoneおよびiPadを除くと、電源につないでいない状態ではこの機能が使えません。

M9搭載でバッテリー消費量が抑制

iPhone6s/6s PlusではA9チップにM9モーションコプロセッサが組み込まれ、M9での音声の扱いが可能となりました。その結果バッテリー消費量が抑えられ、電源に接続しなくても、Hey Siri機能が使えるようになっています。
 
つまり理論的に考えればA9とM9を搭載しているデバイスは、電源につながっていなくてもHey Siriが使えるはずです。

M9搭載でもHey Siriが使えない謎

しかし実際は、iPadのなかで現時点で常にHey Siriが使えるのは9.7インチ版のiPad Proのみで、A9XとM9を搭載した12.9インチiPad Pro、そして3月に発売されたA9とM9を搭載する9.7インチiPadは、電源非接続の状態では対応していません。
 
同じM9チップを搭載しているにも関わらず、なぜ12.9インチiPad Proと9.7インチiPadでは同機能が常時使えないのかについてのAppleからの説明はなく、理由は今も謎に包まれたままです。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)