写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米NVIDIAは5月10日(現地時間)、米国サンノゼで開催中の技術カンファレンス「GPU Technology Conference 2017」(GTC 2017)にて、次世代GPUアーキテクチャ"Volta"ベースの「Tesla V100」を発表した。

GPUコアに"Volta"ベースの「GV100」コアを採用。プロセスルールはTSMCの12nm FFNで、5,120基ものCUDAコアを搭載する。トランジスタ数は211億。ダイサイズは815平方mmで、前世代である"Pascal"アーキテクチャベースの「GP100」コアと比べて、1.3倍以上の規模となった。さらにディープラーニング向けに最適化された「Tensor Core」を統合する。

一方でメモリは従来同様に16GBの第2世代HBM(High Bandwidth Memory)を搭載する。また、プロセッサ間の接続インタフェース「NVLink」も第2世代に刷新。リンクの増加や大域幅が拡大し、最大6つのNVLinkリンクで300GB/sのデータ転送をサポートする。

演算性能はFP32(32ビット単精度浮動小数点数)で15TFLOPS、FP64(64ビット倍精度浮動小数点数)で7.5TFLOPS。動作クロックは最大1,455MHz。TDPは300W。従来世代のTeslaとの比較は以下の通り。