世界最高峰のエベレストで撮った写真をすぐにシェアしたい登山愛好家たちに朗報だ。写真はエベレスト。

写真拡大

現代人にとってスマートフォンは必要不可欠なツールとなった。食事や日々のコミュニケーション、旅行など、自分の生活をSNSでシェアする人たちは大勢いる。ただしデータ通信量には制限があるため、外出した時は誰もがまず無料Wi−Fiを探すであろう。そんな中、登山愛好家たちを喜ばせるニュースが報じられた。環球網が露通信社スプートニクの報道として今年2月に伝えたところによると、ネパール政府は「6カ月以内にエベレストを含むヒマラヤ山脈のいくつかの場所で無料Wi−Fiを実現する」と発表。標高は5360メートルにまで達するという。

報道によると、これはエベレストで初めてのWi−Fiではないが、無料Wi−Fiとしては初となる。なお、以前から一部のキャンプで利用できる同サービスの料金は1時間当たり5ドル(約570円)。特殊なケーブルは極寒の天候と氷河に耐えることができ、さらに過酷な天候となった場合にネットサービスをマイクロ波で提供することについても議論されたという。無料Wi−Fi導入のもともとの目的は救難活動に役立てることだが、このサービスの提供は観光業の発展にもつながると期待されている。(提供/環球網・編集/インナ、黄テイ)