ペットボトルが生まれ変わったのは、アディダスの海色シューズ

写真拡大 (全2枚)

夏の予感がする5月。海色のランニングシューズに呼ばれました。
ペットボトル11本がこのシューズに

アメリカで5月10日に発売される、「アディダス」の「ウルトラブースト」シリーズの新作3点「ULtraBOOST Parley」「Parley UltraBOOST X」「UltraBOOST Uncaged Parley」。驚くべきは、その素材。海のプラスチックゴミからできているんです。一足には平均ペットボトル11本が使われています。

adidas Runningさん(@adidasrunning)がシェアした投稿 - 2017 4月 24 8:32午前 PDT

もちろん、同社自慢のランニングシューズ「ウルトラブースト」シリーズだから、フィット感や安定感といった機能性だってバッチリ。とっても履きやすそうだし、なんといっても夏っぽい色が気に入りました。どこの海からきたのかしらと思わずにはいられません。
アディダスのリサイクル努力
これまでもリサイクル素材のシャツなどを販売、世界中の店舗ではビニール袋から紙袋へ変更したりと、リサイクル努力を重ねているアディダス。今年じゅうにこのシューズを100万足生産する予定だそうです。アディダス ジャパン広報によると、現時点では日本での取り扱いはないそうですが、日本でも販売されたらいいですよね。海ゴミからできた「ウルトラブースト」を履き終わったら、ストアに返して、再度リサイクルの輪に戻せたらもっといいなと思いました。
夏のランニングだけじゃもったいない。ふだんの暮らしにも、この海色シューズで心地よいステップを取り入れたくなりました。
[adidas,Fortune]
Photos Courtesy of Adidas USA