丸橋のロングフィードがそのままゴールに…C大阪が新潟を下す《YBCルヴァンカップ》

写真拡大

▽10日、JリーグYBCルヴァンカップ グループB第5節のセレッソ大阪vsアルビレックス新潟がキンチョウスタジアムで行われ、1-0でC大阪が勝利した。

▽ここまで4試合を終えて2勝2分けで2位に付けるC大阪と、3試合を戦い1分け2敗の最下位に位置する新潟の対戦。C大阪はU-20日本代表に選出された舩木を起用。リカルド・サントスが1トップに入った。一方の新潟は、休養に入った三浦文丈監督に代わりこの試合から片淵浩一郎コーチが今シーズン初采配となった。

▽最初にチャンスを作ったのはC大阪。10分、ロングボールに抜け出したリカルド・サントスがボックス内でハーフボレー。しかし、これはGKがわずかに触り枠を捉えられない。

▽新潟は13分、森がドリブルで運ぶとそのままミドルシュート。しかし、これはGKキム・ジンヒョンが触り、ポストに嫌われる。

▽徐々にペースを掴んだ新潟は20分、川口が右に展開。パスを受けた森がドリブルで持ち込みシュートも、枠を外してしまう。

▽新潟は25分、ジャン・パトリックが浮き球のパス。森が反応するも、そのままボールはラインを越えていく。28分には本間がスルーパスを狙うも、U-20日本代表に選出された舩木がカットする。

▽新潟がなかなか決定機を作るに至らないでいると、C大阪が反撃。35分、FKを舩木が直接狙うも、枠を捉えられない。46分には舩木のクロスを福満がヘッドで合わせるも枠に飛ばず。前半はゴールレスで終える。

▽迎えた後半は、C大阪が主導権を握る。49分、関口からのパスを受けた福満がクロス。これに清原が頭で合わせるも、枠を外す。54分には山口の浮き球のパスにリカルド・サントスが反応するも、このパスは通らない。

▽新潟は60分、ジャン・パトリックがドリブルで持ち込むと、そのままシュート。しかし、これは枠を外してしまう。

▽その後は互いに攻め込む展開もゴールが生まれず。こう着状態が続く中、ゴールは突然生まれる。79分、丸橋が自陣から前線にロングフィード。これをリカルド・サントスが合わせに行くと、ワンバウンドしたボールがそのままGK守田の頭上を越えてネットを揺らし、C大阪が先制する。

▽ラッキーな形で先制したC大阪は、その後は集中した守備を見せて逃げ切りに成功。1-0で新潟を下し、グループ2位をキープした。一方の新潟は敗退が決定した。