男性「レンジ型」女性「オーブン型」!? 男子と女子の“恋愛”のちがいとは?

写真拡大

こんにちは!ライターの白鳥です。

ガールズトークをしていると、こんな会話を聞くことがあります。
「この間の合コンで知り合った人、とりあえず付き合ってみることにした。そんなに好きじゃないから、出会いはまだ探すけど」

そう、女性は『とりあえず』男性と付き合える生き物。
女性の場合、最高に好き!という状態が100%とする場合、10%ほどしかなくても条件が良ければ「とりあえず付き合う」という選択をする人がほとんど。

しかしこの特性は、女性に大きな悩みをもたらします。
ものすごく恰好の良い男性や、自分には不相応だと思う男性から告白されたとき「自分はキープなのでは?」「遊ばれているのでは?」と思ってしまうのです。

今回は、「素敵な男性に告白されたけどOKしようか迷っている」という女性のためのコラム。
『恋愛デトックスカウンセラー』の下村さきさんの分析をご紹介します。

●女性の恋愛の仕方と男性の恋愛の仕方は違う

下村さんによると、女性の恋愛は『オーブン型』、男性の恋愛は『レンジ型』に分けられるそうです。

『オーブン型』とは、だんだんと気持ちが温まる ということ。
付き合った当時はそれほど好きでなくとも、徐々に気持ちが盛り上がっていくのです。
つきあってみてから判断する、というのが特徴なのだそう。

それに対し、男性は『レンジ型』。
瞬時に温まり100%好き! という状態で交際がスタートします。
男性は気持ちが最高潮に盛り上がっていなければ付き合おうとしないので、女性のように「とりあえず・・・」ではつきあいません。

好きではない子にアピールされた場合は、なんとか付き合わずに都合のいい関係になろうとしますが、「つきあいたい」と言う人はほとんどいません。

恋は生もの。
素敵な男性に「つきあいたい!」と言われた時に「遊ばれるのでは・・・?」と疑心暗鬼になってチャンスを逃してしまっては、本当にもったいないです。
「男性はとりあえずでは付き合わない」これを頭の中に入れておいてくださいね。

彼に100%好きになってもらった自分を誇りに思って、ポジティブにいきましょう!

【参考文献】
『わけもなく男が魅かれる女50のルール』下村さき・著(三笠書房)

●ライター/白鳥カヨ(ホラー小説家)