AV女優サメとの水中撮影で大怪我(出典:https://www.youtube.com)

写真拡大

米人気AV女優がこのほどフロリダ沖で水中撮影に臨み、しかしサメに足首を噛まれ、大出血のなか病院に運ばれた。『nydailynews.com』が伝えている。

アダルト専門ウェブサイト『CamSoda』のプロモーションビデオの仕事に体を張って臨んだのは、ブロンドヘアに豊満ボディが人気のAV女優のモリー・カヴァリさん。メジロザメ科のレモンザメが多数泳いでいるなかボートから金属製の防護檻がゆっくりと下ろされ、Tバックがセクシーなワンピース水着のモリーさんは笑顔でそこにドボン! しかし…。

何かに引っ張られるかのように、ある時グイッと体が下がったモリーさん。下肢の周りの水が赤く染まっていく様子に悲鳴を上げてボートに戻った。同行したCamSodaのスタッフが手を貸してそれを助けたが、足首には深く大きな噛み傷が出来ており、病院では20針にもおよぶ縫合の治療を受けた。モリーさんを噛んだのは体長が3メートルもあるサメであったそうだ。

アクシデントの数日後、「皆さん、温かいメッセージをありがとう。私は順調に回復しています。普段では考えられないアクシデント、これも素晴らしい経験だと思っています」とファンに報告したカヴァリさん。ただし用意された防護檻は腕や足が容易に外にはみ出てしまう作りで、「まさかの話題作りか」と制作会社側を疑いたくなるほどだ。

フロリダでもサメ被害は多い。昨年のちょうど今頃はレッド・リーフ・パーク海岸で23歳の女性がサメに襲われ、サメはすぐ殺されものの噛みついた腕から離れないしぶとさゆえ、そのままの状態で病院に搬送された。また男性の場合、近年では「激しいパンチの嵐でサメ撃退に成功」という話題も増えているようだ。

出典:https://www.youtube.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)