出典:https://www.shutterstock.com

カップルにとって、エッチはどうしてもマンネリになりやすく、回数を重ねれば重ねるほど、エッチの質まで悪くなる傾向があります。

主な原因としては、精神的なストレスや性欲の衰えなど、人によって理由は様々ですが、“飽き”これも大きな要因の1つではないでしょうか。

もし、あなたが彼に飽きられてしまったら、間違いなくエッチの回数は激減してしまうでしょう。そして、最悪は浮気の後押し、そのきっかけになるかもしれません。

そこで今回は、彼に飽きられない女になるためのベッドテクをご紹介しましょう。

 

■ベッドの上では50:50

エッチのときは、どうしても自然な流れで男子は攻め側、女子は受け身になりがち。

付き合いたてのころは、このようなスタイルでも全然問題ないのですが、時間が経つにつれ、攻め側に徹する男子には、飽きという気持ちがわいてしまいます。

ですから、彼が愛撫をしてくれたら、あなたもお返しに愛撫をしてあげる。

このような50:50の関係、“愛撫のキャッチボール”を心がけましょう。

 

■ひらめきを大切に

その日の気分やノリで、生活スタイルを変えてみるときってありますよね。

それと同じように、エッチのときも気分やノリにあわせて、ガラッとやり方を変えてみるのです。

いつもと同じように、彼からの愛撫からはじまって……。

ではなく、順番を変えてみたり、攻守を逆転させてみたりと、その場の“ひらめき”によってエッチのスタイルを変化させてみましょう。

 

■ギャップで虜に

エッチにギャップは大切です。

なぜなら、日頃のあなたと、エッチをしているときのあなたが、さほど変わらない雰囲気であるなら、そこに楽しみはわいてきません。

しかし、たとえば日頃は清楚を装い、エッチのときには大胆に振る舞う、このギャップが起これば、エッチのときにしか拝めない特別なあなたが映りはじめるのです。そして、それは楽しみの時間と変わるはず。

エッチのときにしか見せない一面をつくりだし、彼をウズウズさせてみましょう。

 

■3回に1回は断る

彼に誘われるがままエッチをしてしまうのは好ましくありません。

これも、すぐに飽きられてしまう原因となってしまうので注意すべきでしょう。

男子とは、本能的に追いかけることに喜びを感じたりするもの。ですから、彼女だからといって、いつも彼のいいなりになっては、男心はくすぐられないのです。

“3回に1回くらいは断ってみる”それが、ほどよい刺激を与え、飽きのこないエッチへとつなげられるでしょう。

 

いかがでしたか? エッチは本来こうあるべきと、先入観があることで、それが“飽き”のもととなることがあります。

もっと、エッチの時間を自由と捉え、楽しい気持ちで挑んでみましょう。(恋の占い師 そら)

【画像】

※ Fotobyjuliet/shutterstock

【参考記事】

※ もうたまんねぇ〜!ベッドで「いい女」になるためのポイントアドバイス

※ 超絶イケメンなのに…残念すぎるエッチなエピソード4選

※ 【男子に聞いた】エッチでキスマークをつける理由って?

※ バチェラーに聞く!エリート男子の「本命彼女」ってどんな子?

※ エロメン直伝。「自分史上最高のエッチ」を楽しむコツ

※ エロメン直伝。男がエッチ中に言われると嬉しいコトバ