鹿島、GS首位突破…鈴木2発で無敗のムアントン撃破《ACL2017》

写真拡大

▽鹿島アントラーズは10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループE最終節でムアントン・ユナイテッド(タイ)をホームに迎え、2-1で勝利。首位突破を決めた。

▽すでにグループリーグ突破を決めている2位の鹿島。今節は1位通過を懸けて首位のムアントンをホームで迎え撃った。この試合ではボランチに永木、レオ・シルバを起用。前線には鈴木、ペドロ・ジュニオールが並んだ。

▽勝てば首位通過の鹿島は18分、右サイドの遠藤がハイラインの相手最終ラインの背後にスルーパス。絶妙なタイミングで抜け出した鈴木がゴール前に侵攻し、飛び出してきたGKの股間を冷静に抜くコントロールシュートを決めて先制する。

▽しかし、前半終了間際の45分には、ムアントンがバイタルエリア中央でボールを受けたティーラシンの右足コントロールシュートで同点。前半をリードして終えるかに思われた鹿島だったが、嫌な時間帯に追いつかれてハーフタイムを迎えた。

▽それでも、同点で試合を折り返した鹿島が勝ち越し。60分、レオ・シルバのパスを受けた遠藤が右サイドの敵陣深くから右足でクロスを供給すると、ゴール前でフリーの鈴木が頭で合わせ、ネットを揺らした。

▽その後、鹿島は最後まで1点のリードを守り抜き、無敗のムアントンを撃破。1位通過を果たした決勝トーナメント1回戦では、グループG組2位の広州恒大(中国)と対戦する。