甲府の土屋は、神戸とのルヴァン杯・グループステージ5節で先制点を奪取。42歳9か月10日でのゴールで、リーグ杯の最年長得点記録を更新した。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

 5月10日のルヴァン杯・グループステージ5節で、甲府のDF土屋征夫がリーグ杯の最年長ゴールを更新した。

 神戸とのアウェー戦に先発した土屋は24分、橋爪勇樹のCKをヘッドで合わせて先制点を奪取。42歳9か月10日でのゴールにより、2008年5月25日(対清水)に中山雅史(現・沼津)が樹立した40歳8か月2日の最年長ゴール記録を塗り替えた。