別のフライトに乗ってしまった女性客(出典:http://metro.co.uk)

写真拡大

ユナイテッド航空CA(客室乗務員)の問題ある態度が明るみに出てからというもの、次々と各航空会社を批判する乗客が現れているという事実は隠せない。しかしこのほど明らかに航空会社側のミスとされる出来事が起こった。その航空会社は、やはり今話題のユナイテッド航空だ。米『abc7NY』や英『Metro』など複数メディアが伝えている。

4月24日、米ニュージャージー州のニューアークからパリのシャルル・ド・ゴール空港へ向けてユナイテッド航空機で出発予定だったルーシー・バへトゥキレー(Lucie Bahetoukilae)さんは、搭乗寸前にゲートが変更されたことに気付かなかった。

ルーシーさんはフランス語を話すが英語が全く分からなかったために、英語のアナウンスを聞き逃してしまう。そして搭乗券に記載されてあったゲートC81へ向かった。

この時点で搭乗券を確認しなければならないはずのユナイテッド航空のスタッフらは「EWR(ニューアーク)―CDG(シャルル・ド・ゴール)」と記載された空港コードに目を向けることもなく、さらに券面のゲート番号にも注意を払わずにそのままルーシーさんを通した。

しかしゲートC81にはシャルル・ド・ゴール行きではなくサンフランシスコ行きの飛行機が待機しており、乗り込んだルーシーさんの座席は当然のことながらサンフランシスコ行きの乗客が乗っていた。

そこで英語の話せないルーシーさんはCAに搭乗券を見せ、指定されている自分の座席に他の人が座っていることを身振りなどで伝えたのだろう。ところがCAは搭乗券を見ておきながらも、ルーシーさんに別の座席に座るように指示した。つまりCAがルーシーさんの搭乗券の確認を怠ったことは明らかだった。

ニューアークから7時間半かかるシャルル・ド・ゴールへ向かうはずが、ルーシーさんはサンフランシスコに約6時間かけて到着した。そこで初めてユナイテッド航空側がルーシーさんの目的地を知った。乗り継ぎで11時間を無駄にし、なんとかシャルル・ド・ゴールへ到着したものの、出発からすでに28時間以上が経過していた。

姪のダイアン・ミアントソコ(Diane Miantsoko)さんは、今回のユナイテッド航空側の確認ミスに対して『ABC』の取材にこのように話している。

「フランス行きの便のゲート変更で、英語でしかアナウンスが流れなかったためにおばは理解することができませんでした。フランス語でも流してくれたらおばは変更になったゲートへ向かっていたことでしょう。ユナイテッド航空は、従業員について真剣に検討しなければならないと思います。おばに対して誰も注意を払わず、確認をしなかったというのは明らかです。もしテロリストや殺人犯だったらどうなっていたことでしょうか。搭乗時にしっかりと確認していないとそうした犯罪も防ぐことができないということになります。」

このミスに対し、ユナイテッド航空側はルーシーさんに「今後、このようなミスがないように細心の注意を払う」と謝罪し、航空券代金の返金とサンフランシスコでのホテル代の負担、旅行券を送っている。しかしダイアンさんは「お金の問題ではありません。こうしたミスはきっとまた起こるでしょう」と述べている。

確かに立て続けに起こる問題により、ユナイテッド航空を信用できるという人は今や少ないのかも知れない。このニュースを知った人々からは「この航空会社の良いニュースって全く聞かなくなったね」「搭乗する前に搭乗券や座席を確認するのはCAとして当然のことでしょう。こんなこと起こるのがおかしい」「今度はどんな事件が起こるのだろう」といった声があがっている。

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)