写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーのミラーレス一眼カメラ「α9」に関して、発売前先行展示の詳細が明らかになった。5月13日(土)から、ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、α9の実機を体験できる。

α9は、有効約2,420万画素の35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラの新モデル。5月26日の発売、価格はオープン、推定市場価格は500,000円前後(税別)だ。

撮像素子として「メモリー内蔵 35mmフルサイズ 積層型CMOSイメージセンサー」(Exmor RS)を搭載しており、従来の撮像素子と比較して約20倍の情報読み出し速度を達成。電子シャッターで撮影することによって、最高20コマ/秒の連写が可能だ。また、画角内で693点という位相差検出方式のAFポイント、25点コントラスト検出方式のAFポイントを持ち、像面のAFカバー率で93%を実現している。

なお、α9と同時に発表された超望遠ズームレンズ「G Master FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」(SEL100400GM)の体験展示と実施店舗は、5月10日の時点で未定。