ニューアルバムを紹介するPSY=10日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の歌手PSY(サイ)が10日、8枚目のフルアルバム「4X2=8」の発売に合わせソウル市内で記者懇談会を開いた。

 PSYは世界的大ヒットとなった「江南スタイル」以降、「力を抜いて自分らしくしろ、海外を意識するな」などと周囲から助言をもらい、初心に戻ろうとしたが難しく、今回は本心にそって全曲を国内用として作ったと強調した。ニューアルバムの発表は2015年12月以来、約1年半ぶりとなる。
 PSYは「一昨年だったか、私が作った曲を聞いたら歌詞やラップやメロディが古く感じた」とし、同アルバムで多様なアーティストとコラボレーションすることになった背景を語った。これまで作詞で誰かとコラボしたことはなかったが、「若い血の輸血が必要だった」とし、コラボをしたことで曲が沸くように出てきたため、本来はシングルを計画していたが、フルアルバムに変更したと説明した。
 収録曲の「アイ・ラブ・イット(I LUV IT)」はPSYと男性グループBlock B(ブロックビー)のジコ(ZICO)、ユ氏、音楽プロデューサーのポップタイムが作曲し、PSYとジコが作詞した。これ以外の3曲も男性グループiKON(アイコン)のB.I(ビーアイ)と共に作詞した。
 関心が集まるミュージックビデオ(MV)には俳優イ・ビョンホンや、楽曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」のMVが世界的な人気を集めた日本のピコ太郎が登場する。 
yugiri@yna.co.kr