『東京喰種 トーキョーグール』入見カヤ役を演じる佐々木希 (C) 2017「東京喰種」製作委員会

写真拡大

累計2300万部の発行部数を誇る同名人気コミックを実写映画化した『東京喰種 トーキョーグール』。この作品の第3弾キャストとして佐々木希らの名前が発表となった。

『東京喰種 トーキョーグール』第3弾キャスト、その他の写真

本作は、人の姿をしながら人を喰らう怪人「喰種」が跋扈する東京を舞台に、平凡な大学生の金木研(カネキ)が、ある日事故に遭い病院に運ばれ、一命は取り留めたものの、リゼという少女の臓器を移植されたことで半喰種となってしまい、悩み葛藤するというストーリー。

これまでに主人公の金木研(カネキ)役を窪田正孝。ヒロインの霧嶋董香(トーカ)役を清水富美加。喰種対策法を背景に活動する国の行政機関であるCCG(Commission of Counter Ghoul)本局所属の一等捜査官・亜門鋼太朗(あもん・こうたろう)役を鈴木伸之。同じくCCG本局所属のベテラン喰種捜査官・真戸呉緒(まど・くれお)役を大泉洋。表向きは理知的で清楚な女性だが貪欲な大喰いの喰種である神代利世(リゼ)役を蒼井優が演じることが発表されてきた。

今回、新たに発表となったのは、村井國夫、桜田ひより、相田翔子、浜野謙太、佐々木希、?俊太郎の6人の名前。彼らが演じるのは、原作でおなじみの喫茶店「あんていく」に集うメンバー役だ。

村井が演じるのは、あんていくのマスター・芳村功善(よしむら・くぜん)役。半喰種になったカネキのことを何かと気にかけ、彼を助ける役柄だ。浜野が扮するのは、あんていくの店員・古間円児(こま・えんじ)役。佐々木は、あんていくの店員・入見カヤ(いりみ・かや)役を演じる。

?は、あんていくにいる喰種で、カネキのお目付け役であり、自ら食料調達ができない喰種のために食料提供をするなど、あんていくの手伝いをしている四方蓮示(よも・れんじ)役。桜田は、あんていくにいる喰種で、笛口リョーコの娘で人見知りの少女。あることをきっかけにカネキを慕うようになる笛口雛実(ふえぐち・ひなみ)役。相田は、あんていくにいる喰種で、夫・笛口アサキがCCGに駆逐され、娘とともにあんていくに助けを求める笛口リョーコ(ふえぐち・りょーこ)役に扮している。

本作で入見カヤ役を演じる佐々木は「数年前から東京喰種の大ファンで漫画を読んでいたので、今回映画への出演が決まった時はとても嬉しく、光栄でした。喰種vs人間、そして2つの顔を持つ金木研。それぞれの複雑な思いが詰まっているとても考えさせられる作品だと思いますので、映画の完成が待ち遠しいです!」とコメント。

古間円児役に扮する浜野は「こんなイカした作品に参加できてすごく嬉しいです。キャストのみんな、和気あいあいとして現場が楽しかったんですが、やるところまでやるアクション然り、エグい部分然り、出来上がりがマジで楽しみです。みなさん、ぜひこの衝撃を映画館で目撃して、たまに僕のコーヒーで癒されてください」と述べている。

『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日より全国公開となる。