暑くなる日が増えてきました。これから夏にかけて気をつけたい熱中症対策には、こまめな水分補給が欠かせません。そんなとき便利アイテムとして活躍するのが、ペットボトル飲料です。でもペットボトル内は雑菌が増えやすく、特に夏場は食中毒が起こりやすいので注意が必要です。

直飲みで雑菌が侵入

いつもカバンの中には、ペットボトルが入っているという方も多いでしょう。ちょこっと飲んでは蓋を閉め、好きな時に水分補給でき、また水筒と違って飲み終わったら捨ててしまえるところがいいですよね。ところでペットボトルは、直接口をつけて飲む人が多いのではないでしょうか。これから夏場にかけて注意したいのは、ペットボトル飲料の雑菌による汚染。ペットボトルに口をつけると中に雑菌が入り、気温が高い時期は雑菌が増殖しやすいのです。

温度が高くなると雑菌が増えてしまう

独立行政法人国民センターによる、ペットボトル飲料内の菌の増減についての実験をご紹介しましょう。手や唾液を介して、ペットボトル飲料を汚染する可能性のある菌、大腸菌や黄色ブドウ球菌、枯草菌、酵母、カンジダアルビカンスなどについて、温度変化による菌の増減を調べています。用意したペットボトル飲料は、ミネラルウォーター、ニアウォーター、果実入り清涼飲料、スポーツドリンク、茶系飲料の5つ。ペットボトル飲料水が唾液などで汚染されたと仮定し、雑菌を入れた5つの飲料水を5度、20度、30度で保存します。1〜3日後の菌の数を調べた結果、ミネラルウォーターは温度に関係なく、どの菌も数に変化がないのに対し、他の飲料水では温度が高いほど、雑菌の数が増加することが分かったのです。

ペットボトルは早めに飲みきりましょう

口の中には口腔常在菌と呼ばれる菌が住みついています。口の中にある程度の雑菌がいたとしても、通常は問題になることはありません。しかしペットボトルの中に常在菌が入り込み増殖してしまうと、その飲料水を飲むことで食中毒を起こすことがあります。ミネラルウォーター以外の飲料水は、雑菌が好む糖分が含まれているため、気温が上昇すると雑菌が簡単に増えてしまいます。ミネラルウォーターには糖分が含まれないため、気温が上昇しても雑菌の数が増えることはありません。しかし実際には安心できず、直に口をつけて飲むと、食品のかけらや唾液がミネラルウォーターの中に入ってしまい、糖分などが混入することで雑菌が増える可能性は十分にあります。

ペットボトル飲料による食中毒を避けるには、開封後は半日以内で、特に夏場の暑い時は3〜4時間で飲みきるか、捨てるようにしましょう。飲みきれないと分かっている場合は、ペットボトルから直に飲むのを避けて、コップを使って飲むようにすると、雑菌が入りにくくなります。また雑菌は温度5度では増殖しないので、可能であれば冷蔵保存がおすすめです。熱中症を心配して、水分補給をしたために食中毒になってしまったら元も子もありませんよね。ペットボトルの雑菌には十分注意しましょう。


writer:Akina