ベンチスタートとなった久保に出番はあるだろうか?写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 YBCルヴァンカップは5月10日、各地でグループステージ5節の6試合が開催される。味の素スタジアムでは、FC東京と大宮アルディージャの一戦が19時キックオフで行なわれている。

 FC東京は、前節の札幌戦でJ1公式戦デビューを飾った久保建英が、スタメン起用とはならなかったものの今節もベンチ入りを果たしている。

 試合は、前半から激しい点の取り合いとなった。21分にD・ムルジャがPKで今季初得点となる先制ゴールを挙げれば、4分後にFC東京もP・ウタカがヘディングシュートで同点。すると大宮は32分、CKから大前のクロスにマテウスがヘディングシュートを叩き込み、逆転に成功する。

 しかし、FC東京は35分、前線からのプレッシングで押し込むと、相手のオウンゴールを誘発。試合を振り出しに戻すと、さらに39分にはP・ウタカからパスに反応した阿部が抜け出し、中島へラストパス。中島が右足で冷静に押し込み、逆転に成功した。

 試合は3-2でFC東京がリードして前半を終了。白熱した点の取り合いとなったゲームで、15歳の久保に出番はあるのか、後半が注目される。