写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ディラックは10日、台湾Lian Li製の多目的テストベンチ「PC-T70X」と、専用オプションパーツ「T70-1」「PW-IC2DAH85」を発表した。5月16日から発売する。価格はオープン、店頭予想価格(税別)は、PC-T70Xが13,800円、ハウジングカバーのT70-1が7,580円、追加インタフェースのPW-IC2DAH85が5,280円。

○PC-T70X

「PC-T70X」は、PCパーツのメンテナンスに適した多目的テストベンチの3代目となるモデル。いわゆるバラックとも呼ばれるものだ。DIYパーツのチェックや自作PCの仮組みなどに役立ち、裏配線をきれいにまとめられるよう、ケーブルマネジメント用のホールを多数設置。底部においた電源からのケーブル類が目立つのを防いでいる。

標準でファンは搭載されておらず、背面に140mm×2基、もしくは120mm×3基を搭載可能。ストレージベイ数は、3.5インチ×1基、2.5インチベイ×5基。3.5インチ×2基、2.5インチベイ×1基の組み合わせでも使用可能。

そのほか主な仕様は、拡張スロット数が8基、拡張カードスペースやCPUクーラースペースの制限はなく、ATX規格の電源を搭載可能。本体サイズはW432×D416×H316mm、重量は2.95kg。対応フォームファクタはE-ATX / ATX / マイクロATX。

○T70-1

「PC-T70X」と組み合わせて、オープンエアーケースにするためのオプションパーツ。店頭予想価格は7,580円(税別)。

パーツ構成は、ラジエーターとファンマウントキットの役割を持つサイドパネルと、アクリル製トップ兼フロントのハウジングカバー。サイドパネルにはファンの追加が可能で、水冷ラジエーターの設置もサポートする。

○PW-IC2DAH85

「PW-IC2DAH85」は、「PC-T70X」に取り付けて、USB 3.1 Type-C×1基、USB 3.0×2基、HDMI×1基、HDオーディオ×1基を追加するためのオプションパーツ。店頭予想価格は5,280円(税別)。

(リアクション)