に引き続き、後編でも実録にてお届けいたします。実際に恋人や旦那さんから言われたという言い訳を集めてみました。みなさん、いろんな言い訳を繰り出していらっしゃるようです。そんなところもごあいきょうということで、広い心で受け止めてあげ……られるか〜い!

「パチンコには行ってません! 仕事行ってました!」(30代/映像制作)

言い訳を言わずに、つっぱねて突き通すという高等テクニックですね。奥さんたちからしてみれば、おこづかいの範囲のなかで楽しんでくれるぶんにはよいとのことなのですけれども。だいたい、こういった翌日に追加のおこづかい申請があったりして、発覚しちゃうんですけども……正直は美徳!

「こっちの方が近道なんだよ!」(20代/経理)

付き合っている彼とのドライブデート中に、道を間違えたときの言い訳、とのこと。あきらかに山道に入ってしまい、結局Uターンするしかなかったとのことですが、彼が謝ることはなかったそうです。YOU! そんな彼、別れチャイナ!

「今、仕事の調べものしてたんだよ!」(30代/事務)

こちらは、深夜1時を過ぎてもなかなか寝てくれない旦那さんを注意したときに、旦那さんが言い放った言い訳、とのこと。もちろん、奥さんは知っていますよ、彼がそのときにゲームをやっていたということを……。なんですぐにバレる言い訳しちゃうのかな〜。見ていないと思ったらオオマチガイDA!

「酔っぱらってたから、覚えてない。しかたない!」(40代/サービス業)

出かける約束をすっかり忘れていた彼からの言い訳、とのこと。1万歩譲って酔って覚えていないことは許すとしても、それを仕方がないと言ってくるそのふてぶてしさはおしおきですよ! ハイ、「ごめんなさい」言えるかな!?

「きいてない。君の伝えかたが悪いんじゃないの?」(30代/介護)

こちらは、旅行先の連絡先を教えるように言われた奥さんが、きちんと伝えたにも関わらず旦那さんにとがめられたとき、「ちゃんと言った! メモを渡したのになくしたのはアナタよ!」という奥さんの主張に返した旦那さんの言い訳、とのこと。鮮やかなまでの責任転嫁に涙が出ますね。信頼なくすYO! 嫁を大事に!

まとめ

いかがでしたでしょうか? 前編・後編と2回に分けてお届けした“実録・彼がのたまう言い訳”いかがでしたか? たくさんの言い訳のカゲには、「嫁に負けたくない」という強がりや、「怒られたくない」という恐怖などさまざまな思いがあるよう。しかし、言い訳するだけ逆効果だということをなぜわからないのか……ゲフン、失礼。
ここまで一生懸命に言い訳をされると、「もう、なんでもいいよ」とあきらめてしまいたくなりますが、そこまでいくのはキケンです。小さな言い訳ならば笑って許せますが、「非をみとめたくないから責任逃れをする」ような言い訳をしたときは、カツをいれてやるのも女のつとめですよ。いつでも彼の発言の本質を見極められるコンディションでいたいものですね。