写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の長谷川博己が10日、都内ホテルで行われた「第25回橋田賞」の授賞式に出席。橋田賞に輝いたNHKドラマ『夏目漱石の妻』の代表として、主演を務めた女優の尾野真千子らと登壇した。

昨年秋に放送された『夏目漱石の妻』は、夏目漱石の妻・鏡子が夫婦について語った「漱石の思い出」を原案に、漱石の資料と作品を参考にして、波瀾万丈の夫婦のリアルな姿を生き生きとユーモアを交えて描いた作品。主人公の妻・鏡子を尾野が、夏目漱石を長谷川が演じた。

長谷川は「文豪をやるというのが一つの夢で、夏目漱石役をやらせていただけるというお話があったときはものすごく感動した」と回顧。「ずっと夏目漱石でいたいなと本当に思いました」と打ち明け、「この賞をいただいたことをきっかけに、続編とかスペシャルとかできたらいいなと思っています」と期待した。

最後に、現在放送中の主演ドラマ『小さな巨人』(TBS)もアピール。「宣伝させてもらってすいません」と恐縮しながら、「"ポスト漱石"として頑張っていますので、そちらの方もぜひよろしくお願いします」と笑顔で呼びかけた。

橋田氏が理事を務める橋田文化財団が主催し、日本人の心や人と人とのふれあいを温かくとりあげてきた番組と人に贈られる同賞。今回、橋田賞には、『夏目漱石の妻』のほか、『ふつうが一番〜作家・藤沢周平 父の一言〜』(TBS)、『人生フルーツ』(東海テレビ)、NHKこども幼児番組(NHK)、船越英一郎、新垣結衣が輝いた。大賞は該当なし。