出典:Nosh

興味のない男性からLINEが来た場合、どう返信すればいいのか悩んだりもしますよね。

会社の同僚だったりすると、あまり冷たくしすぎるわけにもいかず、難しいところでもあるでしょう。

そこで今回は、“興味のない男”からのLINEの回避術を紹介します。

 

■あまり「即レス」はしない

男性は単純ですので、毎回すぐにLINEの返信が来ると、「もしかして俺に気があるのかも?」なんて思ってしまいやすいです。特に意味などなく、すぐに返信していただけだとしても、勘違いのもとにはなってしまいかねないかも。

興味のない男性からグイグイとアプローチをされているような場合は、“即レス”をしすぎてしまわないように気をつけておくべきです。LINEを送っても時間を置いて返信が来ることが多ければ、さすがに男性もあなたがその気がないことに気づいてくれるでしょう。

 

■「スタンプのみ」で返す

興味がない男性であっても、同じ職場や学校の人であったら、無視をしたり冷たくあしらったりもしにくいですよね。その後の関係性にも影響が出てきてしまいそうなので、あまりひどすぎる対応はできなかったりもするでしょう。

そんなときは、スタンプのみで返信しておくのもひとつの手です。あまり嫌な気分にはさせず、かといって、変に誤解を生んでしまうようなこともないはずです。ハートとか女性っぽいものではなく、特に深い意味を感じさせないようなスタンプを使うのがベストでしょう。

 

■簡単な「相槌」しかしない

「はい」「うん」「了解」「そうなんだ」といった、簡単な相槌での返信しか来ない。そうなると、男性もなかなか話が盛り上げることができません。相手が会話に乗り気ではないことも伝わるので、そこから踏み込むのも難しくなるでしょう。

会話が盛り上がれば盛り上がるほど、男性のあなたへの思いはさらに強くなってしまいます。なので、できるだけ簡単な相槌で済ませて、話が大きく発展しないようにするのも、変な気を持たせないようにする大事な方法のひとつですよ。

 

■「長話」にならないようにする

LINEでの会話は、どこで終わりを迎えればいいのかわからなくなり、ついつい長話にもなってしまいがちです。気になる女性が相手であれば、男性も少しでも長く話していたいと思うでしょうから、自分から終わらせようとはしないでしょう。

なので、あなたの方から、会話を終わらせる方向に持っていくべきです。しかも、長話にならないように、なるべく早めに終止符を打った方がいいでしょう。「また連絡するね」とか「明日早いからそろそろ」などと言って、サッと切り上げてしまえば、深入りされずにも済むはずですよ。

 

興味のない男性に勘違いさせてしまうような行動を取ってしまうと、あとあと面倒なことにもなってしまいます。LINEでも、気を持たせるような返信はしないように、気をつけておいた方がいいでしょう。

【関連記事】

※ ざ…残念ッ!LINEでわかる男子の「脈なしサイン」4つ

※ ソワソワ…!男性が「早く会いたい」と感じる彼女からのLINE

※ サプライズ感を演出♡「疲れている彼を癒す」LINEテク

※ コレなら断られない!? 気になる男性を「デートに誘う」LINEテク

※ 理解者アピールは脈あり!男が「好きな女子」に送るLINE4選

※ 4人に1人は経験アリ!「浮気をするダメ男」の意外な特徴3つ