北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、国連人権理事会で障碍者の権利を担当するカタリ・カタリナ・デバンダス・アギラル特別報告者が、今月2日から9日まで平壌の児童施設などを視察したことを伝えた。

北朝鮮が、国連人権理事会が任命した特別報告者の訪問を認めたのは、今回が初めてとなる。

同通信は、アギラル特別報告者の訪朝の目的は、「障害者全般の実態を調べ、最近、共和国が加盟した障害者権利に関する協約の履行に関する問題を討議し、協約の履行に必要な技術協力提供の可能性を模索するところにあった」と伝えた。

北朝鮮は、人権問題をめぐり国連人権理事会と対立している。今回の記事でも「『脱北者』の『偽り証言』とねつ造資料に基づいてつくり上げた反共和国『人権決議』を全面排撃し、『決議』によって出た朝鮮人権状況関連『特別報告者』は絶対に認めないというわれわれの立場は一貫している」としながら従来の姿勢を強調した。

その一方で、「障害者権利に関する協約を含んで共和国が加盟した国際人権協約を誠実に履行しようとする立場」からアギラル特別報告者が訪朝するように最善を尽くしたと主張しながら、国連人権理事会に対する宥和姿勢もアピールした。

アギラル氏は、北朝鮮外務省、教育委員会、保健省などの国家機関や、朝鮮障害者保護連盟中央委員会と朝鮮聾唖協会、朝鮮盲人協会などの障碍者関連の当該幹部と協議し、「今後の活動において公正さと客観性の原則を順守するとともに、障害者権利に関する協約履行のために朝鮮側と積極的に協力する」と述べたという。