クリッカーでも数度に渡ってお伝えしているとおり、2018年内のデビューが予想される次期「メルセデス・ベンツ Aクラス」ですが、同車の概要が判明しつつあります。

ちなみに現行モデルは2011年4月に、上海モーターショーでコンセプトモデルが発表されました。

そのリヤビューは前年3月にスイスで開催されたジュネーブモーターショーでトヨタ自動車がワールドプレミアした「レクサス CT200h」にソックリで、大いに驚かされたものです。

 

しかし、こうした事象は特に珍しい訳では無く、レクサスなどの日本車を徹底調査している欧州車メーカーの実情を窺がわせます。

メルセデス・ベンツはその後、コンセプトモデルからリヤビューを大幅に変更し、2011年12月にデビューしたスバル「インプレッサ・スポーツ」風の小ぶりなテールランプに改め、2013年に市販しました。

一方、次期「Aクラス」では「MFA2」プラットフォームの採用により、ホイールベースが延長され、現行モデルよりもロングノーズ・ショートデッキがいっそう際立つプロポーションになっているようです。

ヘッドランプは上下幅が薄くシャープに吊り上がっているようで、先頃上海モーターショー17でワールドプレミアされた「コンセプト Aセダン」風のフロントマスクになっているものと予想されます。

またテールランプは現行デザインから大きく変更され、再び当初のコンセプトモデルのように横長タイプに戻されるようです。

このように、概要が見え始めた次期「Aクラス」ですが、現行モデルが世界的なヒット作となっただけに、次期モデルも相当気合を入れて開発が進められているものと予想され、そのデビューが大いに待たれます。

(Avanti Yasunori・画像:メルセデス・ベンツ)

【関連記事】

メルセデスが次世代コンパクトクラス「コンセプトAセダン」を発表!
https://clicccar.com/2017/04/20/465387/

デジタルコックピットを採用!メルセデスAクラス次期型、新デザイン見えた
https://clicccar.com/2017/03/04/450913/

メルセデス・Aクラス、次期型は大きくスポーツ性もアップ
https://clicccar.com/2017/01/16/434327/

Aクラス次世代型、ロー&ワイドなスポーツボディがニュルで躍動する!
https://clicccar.com/2016/10/15/406820/

次期「メルセデス・ベンツ Aクラス」はアグレッシブなルックスに変身!?(http://clicccar.com/2017/05/10/470898/)