『ジョン・ウィック:チャプター2』主人公のジョン・ウィック演じるキアヌ・リーヴス (C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

キアヌ・リーヴスが主演最新作『ジョン・ウィック:チャプター2』を引っさげ、6月中旬に来日することがわかった。リーヴスの映画プロモーションでの来日は、前作『ジョン・ウィック』(2015年9月)以来、約2年ぶりとなる。今回はメガホンをとったチャド・スタエルスキ監督も来日する。

[動画]キアヌ・リーヴスが来日決定で日本のファンにメッセージ!/映画『ジョン・ウィック:チャプター2』

また、この来日記事にあわせて到着した特別映像は、日本時間1月31日(現地時間1月30日)に行われたL.A.プレミアで、日本のファンに向け「また日本でみなさんに会いたいです。この作品を観て気に入ってくれると嬉しいです」とコメントしているもの。

本作は15年に日本公開され、スマッシュヒットを記録した『ジョン・ウィック』の続編。リーヴス演じる最強の殺し屋ジョン・ウィックの復讐劇が描かれていた。

続編となる今回は、前作の最後でジョンに救われた愛犬とともに、殺し屋稼業から足を洗い静かに暮らしていたジョン・ウィックが、ある殺しの依頼を「引退したから」と断ったことから、その依頼者の恨みを買い、7億円の懸賞金をかけられ、全世界の殺し屋に狙われることになるというストーリー。

前作のキャストに加え、今回は『マトリックス』以来の共演となるローレンス・フィッシュバーンの出演も決定! 彼が一体どんな役柄で登場し、リーヴスと共演していくのかにも注目だ。

『ジョン・ウィック:チャプター2』は7月7日よりTOHOシネマズ みゆき座ほかにて全国公開となる。