付き合い当初はいつも盛り上がるのに、それは長くは続かず恋はいつも尻すぼみ。会う頻度が減り、次第に彼氏からの連絡はなくなっていつの間にか終わっていた……なんていう自然消滅の恋愛経験がある女子はご用心!? 男性が自然消滅するには、こんな理由があるのです。


1. 仕事が忙しいから


・「彼女には『仕事が忙しいから……』って言って、徐々にフェードアウトした。確かに、仕事が忙しくなったのは嘘じゃないけれど、実際、仕事がどんなに忙しくても、その子のことが本当に好きだったらどうにか時間作って会いに行くと思う。たまたま仕事が暇なときに出会ったから付き合うことになったけど、自分に余裕があったからなだけ。余裕があるからって付き合うのは、彼女に恋してたってわけじゃないんだよね」(27歳男性/プログラマー)

彼氏の仕事が忙しくて徐々に会わなくなり、自然消滅するというのはよくあるケースかもしれませんが、仕事というのはただの“名目”かも……!?

本当に好きなら、忙しくても時間を作ってくれるはず
会わない理由を仕事のせいにすること自体、それは“恋をしていない証拠”。本当に恋をしていないからこその言い訳なのです。どうしても離したくない大事な相手なら、時間を少しでも作る努力はするはずです。
男性は、仕事といえば責められずにうまく逃げることができることを知っています。「仕事が忙しいから……」は自然消滅させたいがための大義名分。フェードアウトの正当性を、相手に主張しているのです。

2. 正直、期待はずれだったから



・「最初はすごくかわいい子だと思ったから、こっちからガンガン攻めていました。でも、いざ付き合ってみたら大したことなくて(笑)、彼女に対しての探究心が湧かなかった。なんというか、彼女に主体性がなさすぎるというか、自分というものを持ってないんだよね。申し訳ないけど、一緒にいてもつまらなかった」(35歳男性/外資)

・「すごく好きで付き合うことになったとしても、男って追いかけたいものなんだよね。だから、すぐに彼女から手持ちのカードを見せられると『この子のことをもっと知りたい!』っていう意欲がなくなるんだよね。なにもそんなに自分のことオープンに話してこなくてもいいのにさ。こっちが聞いてもいないのに、元彼の話までされてもね。自分から『キミが好き、大切にするから付き合って欲しい』な〜んてかっこいいことを言ってしまった手前、別れを切り出しにくいからうまく自然消滅するしかない(笑)」(28歳男性/地方公務員)

男性は、すぐにお腹いっぱいになる女子のことはすぐに飽きがきてしまうもの。たとえば、今話題の行列のできるお店の人気のスイーツを一度食べてみたら「そこまで騒ぐほどじゃないな」「ふ〜ん、こんなもんか。わざわざ並んで食べるほどでもないな」というような感じ(笑)。最初に「いいな、この子タイプだな」と男性のテンションが上がりすぎていればいるほど、いざ目的が達成されると冷めるのも早いのです。

少しずつ自分を出していこう
男性が女子と付き合う上でしたいのは“発見”なのです。「へ〜〜、こんな一面もあったんだ!」「意外、そんな特技があったんだ……!」などという、知らなかった一面を知っていくことにあるのです。彼氏が早々に「もうわかった、もういいや」とならないように、最初から自らの情報を与え過ぎにはご用心! すぐに自分をさらけだしてしまう女子より、もっと知りたいと思わせる女子と会いたくなるものなのです。



3. 一緒にいると疲れてしまうから


・「なんか彼女には付き合い方にこだわりがあるというか、“恋愛はこうしないと”と決めつけたがる。なんでも最初に『こうしよう』というルールを作ってしまう。『休日は一緒に過ごす』とか『月一は外でお泊りする』とか『土日のどちらかは必ず都心に行って外食する』とか……。『そんなこと、いちいち決めなくても』と口を出すと『好きなら当たり前のことでしょ。イヤなの?』って反撃してくる。ほとほと疲れました」(37歳男性/鍼灸院)

・「『いつも好きな人と一緒にいたい』というベタベタな彼女のことを、最初はかわいいと思っていました。何をするのも俺にベッタリ……。でもそれが段々ウザくなってきて、俺が男友達と出掛けるのにもついて来ようとするし、断るとすねて泣いたり。LINEの返信が遅いだけでも怒るし。恋愛依存な女にはコリゴリ』(30歳男性/IT)

「好きならいいでしょ」「付き合ってるなら当然でしょ」という思いから、彼氏へ要求を突きつけてばかりいると男性は逃げ出すものです。また、彼氏のことが好きなあまりに「私の休日や空いた時間は全部あなたのもの」「あなたも私のこと好きなら、私と同じだよね」なんていう、彼氏一色な女子に男性は息をつまらせます。

彼氏第一主義の女子は、「私はこんなに好きなのに」「私はこんなにしてるのに」と相手は望んでいないのに自分の“愛の押し売り”をしてしまいます。そんな重すぎる彼女は、必ず自然消滅を狙われることになるのです。

男性が自然消滅したいのは、会って話すのがめんどくさいから



男性が自然消滅を狙うのは、彼女が面倒な性格だと感じているからです。直接会って話したくないのは、別れを切り出したところで簡単にはいきそうにない、口で言っても通じないと思っているからなのです。「なんで、なんで」「……だって好きだっていったよね?」などと泣いてすがられ、責められるのを恐れているのです。

男はややこしくなりそうなことを回避します。別れるための浪費などしたくないのです。つまり自然消滅は、もめたくない男性にとって最適な別れ方なのです。あなたも彼氏から自然消滅を狙われないように、今一度自分の行動を振り返ってみてください。
(神崎桃子)