【詳細】他の写真はこちら

有機ELテレビにスポットが当たる、2017年初夏!

パナソニックは「ビエラ史上最高画質」を謳う大画面有機ELテレビ『4Kビエラ TH-65EZ1000』など、有機ELパネル採用テレビ3種を含めた新型テレビを発表しました。ちょうど2日前にソニーから有機ELテレビ「ブラビアA1」シリーズが登場しているなど、2017年は有機ELテレビの注目度が高まっていますよ!

有機ELと制御技術により豊かな階調表現が可能に




『4Kビエラ TH-65EZ1000』

発光していない状態では完全な「黒」が表現できる自発光方式の有機EL。このパネルに黒をさらに引き締め、反射による映り込みを抑える「ブラックフィルター」を加えたことで、映像がますますハイコントラストに。そして829万画素にもおよぶ4K解像度を1画素単位で制御できる「ヘキサクロマドライブ プラス」により、映像の暗部から明部まで階調性豊かに再現できるとされています。こうしたテクノロジーには同じく自発光方式のプラズマテレビで培われたパナソニックならではのノウハウが活かされているとのこと。



そしてスピーカーの構造や音響回路設計は、テクニクス開発陣と連携して開発。オーディオ好きにとって「Tuned by Technics」の文字は魅力的に感じられることでしょう。

有機ELパネル採用のスタンダードモデル「4Kビエラ EZ950」シリーズ2機種も同時発売





また、4K有機ELテレビのスタンダードモデルとして、『TH-65EZ950』(65V型)と『TH-55EZ950』(55V型)も同時に発表されています。こちらは「映像に集中できるシンプルでスタイリッシュなデザイン」がセールスポイントで、使いやすさと日本設計・日本生産の「ジャパンプレミアム」シリーズであることもアピールされています。

今回発表された4K有機ELテレビはいずれのモデルも2017年6月16日の発売予定。最上位モデルの『4Kビエラ TH-65EZ1000』は実勢価格約100万円です。なお、競合機となるであろうソニーの「ブラビアA1」が6月10日発売ということもあって、この初夏は有機EL商戦が台風の目になるかも……?

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト



4K有機ELビエラ TH-65EZ1000を発売(プレスリリース)

4K有機ELビエラ EZ950シリーズ2機種を発売(プレスリリース)

関連記事



世界初だった『XEL-1』から10年。ソニーが有機ELテレビに再参入!

東芝「REGZA」4K 有機ELテレビがついに発進。暗室で見た“黒”の再現力に驚き! もちろん全録タイムシフトにも対応