身寄りのない元スーパー従業員、同僚らに見送られる(出典:http://www.mirror.co.uk)

写真拡大

イギリスのグロスターシャー州に、身寄りもなくひっそりと息を引き取った男性がいた。そんな孤独な男性のために、彼が長年働いていたスーパーの元同僚らが一肌脱いだ。

3月26日、グロスターシャー州ストラウドの施設で暮らしていたアンディー・ヒューズさんは、呼吸不全のため55歳という若さで突然この世を去った。

学習障がいを持っていたアンディーさんは、地元の大手スーパーチェーン店「TESCO(テスコ)」で27年間レジ係として勤務し、同僚からも親しまれていたという。

2015年には勤続25年の表彰も受けたアンディーさんは仕事熱心で、少々具合が悪くても休むことなくバスに乗って通勤し、1日4時間の労働に励んでいた。またアンディーさんは、見知らぬ人にでも親切を忘れない温かい心の持ち主でもあり、スーパーが催す慈善活動にも熱心だったそうだ。そんなアンディーさんが突然亡くなったことでショックを隠せない同僚らは、葬儀のためにもなんとかして身内を探し出そうとした。

系図学者に頼んでアンディーさんの身内を探してもらった同僚らは、アンディーさんの最近親である母親が同州のチャルフォードという場所に住んでいたことを突き止めた。しかしその母親は10年前に他界しており、アンディーさんには子供や妻もおらず、他に身内と呼べる親族を見つけることは叶わなかった。

そしてアンディーさんの死を惜しむTESCOスタッフらによって通夜が行われ、5月5日の朝にはアンディーさんの友人を含む多くの人が葬儀に参加した。そのなかには元労働党議員のディヴィッド・ドリュー氏もいたという。人の好さから生前のアンディーさんのことを知る人は多く、地元でも有名だったそうだ。葬儀では親しかった友人らがアンディーさんを偲ぶスピーチをし、追悼を捧げた。

ストアマネージャーのヘレン・スキナーさんは「アンディーさんは店のオープン時から働いてくれたこともあって、私たちにとっては家族同様なのです」と話す。同じくストアマネージャーのマーティン・ローズさんは、葬儀に参列した多くの人に感謝の気持ちを述べ、アンディーさんが長年働いたTESCOの駐車場の静かな一角にアンディーさんの名前が刻まれたプレートを掲げたメモリアル・ベンチを設置し、バラの花壇を造る計画を明かした。その資金はスタッフらによって賄われるそうだ。

またアンディーさんの遺骨は、長年勤めたTESCOの駐車場に散骨される予定になっているという。墓碑はアンディーさんの両親が埋葬されているチャルフォードのフランス・リンチ教会の墓地に設置されることになっており、現在はその費用のために募金活動が行われている。

生涯懸命に働き、ストアの慈善活動でも募金を集め続けてくれたアンディーさんへ「私たちも同じように彼に精一杯のことをしたい」とストアマネージャーのヘレンさんは語っている。

出典:http://www.mirror.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)