キム・ソヒョン、新ドラマ「君主」初放送を控え心境告白“緊張してドキドキ”

写真拡大

女優キム・ソヒョンが「君主−仮面の主人」の放送開始を控え、台本を手にした写真で視聴を促した。

キム・ソヒョンは本日(10日) に第1話が放送されるMBC新水木ドラマ「君主」(脚本:パク・ヘリ、チョン・ヘリ、演出:ノ・ドチョル、パク・ウォングク) で武人家の娘ハン・ガウン役に扮し、視聴者と出会う予定だ。

同日、キム・ソヒョンの所属事務所sidusHQのTwitterには「キム・ソヒョンが時代劇の女神として戻ってきました。いよいよ本日夜10時、MBC新水木ドラマ『君主−仮面の主人』が放送スタートします。ソヒョンちゃんとともに幸せな5月を楽しむ準備はできていますか? 自由を夢見るガウンをよろしくお願いします」という書き込みとともにキム・ソヒョンが台本を持っている写真が掲載された。

写真でキム・ソヒョンは「君主」の台本を手にし、キュートなVサインを作ったり、親指を立てるポーズをとった。魅力的な目で笑う笑顔と、特有の愛らしい表情がファンをときめかせた。

キム・ソヒョンは所属事務所を通じて「いよいよ本日『君主』第1話が放送されます。心配も多く、私もまだ見ていないので本当に本当に緊張してドキドキしています。多くのスタッフが寒い1月から苦労をしながら撮っただけに、良い結果物が仕上がったと信じています。未熟な部分も多いと思いますが、可愛く見てください。ぜひ本放送のチェックをお願いします」と挨拶した。

今回のドラマでキム・ソヒョンは女性とは思えない度胸と不義を見ると我慢できない性格の持ち主であり、自由を夢見るハン・ガウン役を演じる。父を斬首した世子(ユ・スンホ) に復讐しようとしたが、その世子を王座に戻す重要人物であり、劇に緊張とときめきを与える予定だ。

「君主」は韓国で本日スタートし、毎週水曜、木曜の夜10時に放送される。