世界保健機関総会の招待状が台湾に送られていないことに関して、人民日報は10日の記事で、WHOの報道官が中国の判断に任せると発言したと伝えた。写真は台湾の総統府。

写真拡大

2017年5月10日、世界保健機関(WHO)総会の招待状が台湾に送られていないことに関して、人民日報はWHOの報道官が中国の判断に任せると発言したと伝えた。

通常は4月後半に送られてくるWHO総会の招待状だが、参加登録締め切りの8日になっても台湾当局に届かず、今年は参加が困難な状況となっている。台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統は英語や日本語でツイートし、WHO総会への参加を訴えていた。

WHO総会の参加に台湾が強い意向を示していることに関して、香港・中国評論新聞や台湾・中央通信社はWHOのクリスチャン・リンメア(Christian Lindmeier)報道官の発言を紹介。リンメア報道官は会見で、「参加登録は締め切ったが、(台湾の参加に関して)各方面が議論を継続している。WHO加盟国である中国が全権を握っている」と述べたという。リンメア報道官の発言を受け、中国メディアでは「台湾が参加できるかどうかは中国次第」との報道が目立っている。(翻訳・編集/内山)