会社員1,000人に聞く 2017年夏のボーナス調査(マクロミル調べ)

写真拡大 (全7枚)

今夏のボーナスまで、あと1か月半余りという会社員も多いのではないだろうか。マクロミルは民間企業に焦点を当てて、15〜64歳の正社員1,000名を対象に今年のボーナスに関する意識調査を実施した。

【1】2017年夏のボーナス、 ”受給予定”は83%、2割弱は“受給なし”

民間企業に勤める正社員に、この夏のボーナスの支給についてたずねると、「支給される予定」は83%、「支給されない予定」は17%という実態が明らかになった。さらに会社の従業員規模別に見てみると、規模が大きくなるにつれ、受給予想が高まる傾向があり、最も高いのは“500人〜1,000人未満”規模の企業で95%だった。

【図】 2017年夏のボーナス 会社員の支給予想
ベース:全体 / n=1,000

【図】 2017年夏のボーナス 会社員の支給予想 <従業員規模別>
ベース:全体 / n=1,000

【2】ボーナス受給予定者の平均見込み額は「507,265円」、「金融・保険業」が最高の「693,939円」

ボーナスを受給予定の会社員に、いくら支給される見込みかをうかがったところ、平均額は488,910円だった。業種別にみると、平均額がもっとも高いのは金融・保険業で693,939円、一方もっとも低いのはサービス業で351,258円となっている。

【図】 ボーナスの見込み金額(平均)
ベース:2017年夏のボーナスを受給予定の会社員/ n=725(見込み額がわからない人を除く)

【図】 ボーナスの見込み金額 <業種別>
ベース:2017年夏のボーナスを受給予定の会社員 / n=834

※グラフのデータラベルは、 5%未満を非表示にしている。

【3】”受給なし”の理由は、「支給制度がない」54%が最多

ボーナスの受給がない人にその理由をきくと、「支給の制度がない」54%、「制度があるが支給が見込めない」と「制度はあるが、対象外である」が共に22%だった。

【図】 ボーナス受給がない理由
ベース:2017年夏のボーナスの受給予定が無い会社員 / n=166


■調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・料理をするときに参考にしているものの上位は「レシピ検索アプリ、レシピアプリ、レシピ検索(ブラウザ)」
・劇場版「ポケットモンスター」18作品をU-NEXTにて見放題一挙配信
・語学ソフト「ロゼッタストーン」が30万本限定で4,980円に!AI翻訳機まで語られた、ソースネクスト発表会レポート
・超会議2017来場記念!ニコニコ住民票、6枚目を作ってきました!
・今年も「ニコニコ超会議」の「超鉄道」ブースに行ってみた