ミン・ヒョリン&5urprise コンミョン主演ドラマ「おひとりさま ジヨンさん」視聴率4.8%で放送終了

写真拡大

KBS 2TVの2部作ドラマ「おひとりさま ジヨンさん」の視聴率が急上昇して終了した。

10日午前、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、9日午後に韓国で放送された「おひとりさま ジヨンさん」は全国基準で4.8%を記録した。

「おひとりさま ジヨンさん」は他人との関係を切って完璧な個人主義者として生きていたナ・ジヨンが他人との関係なしでは生きていけない依存的なパク・ビョクスに会い、お互いを癒やし、孤立した人生を変えていくコミカル恋愛心理ドラマだ。

個人主義者ナ・ジヨンと依存的なパク・ビョクスが会い、もめながら互いに一歩ずつ近づいていく2人の姿はトキメキと共に笑いを誘う。特に寂しさを隠すために他人の前では大丈夫なふりをする2人の姿は、多くの若い世代からの共感を得た。

「おひとりさま ジヨンさん」はミン・ヒョリンと5urpriseのコンミョン、若い世代が共感できるストーリーに視聴者の好評が続き、2%台だった第1話の視聴率より2倍以上も高い4%台の視聴率を達成して、有終の美を飾った。