アウディのミドルクラス・ワゴン「A4 アバント」のハイスペックモデル「RS4 アバント」を再びスクープしました。

剥き出しのレッドルーフが刺激的な次期型には、4.2リットルV型8気筒エンジンを廃止し、ポルシェ「パナメーラ 4S」の2.9リットルTFSI V型ツインターボが移植されます。

最高馬力は460psへ向上し、0-100km/h加速は4秒程度のパフォーマンスを発揮します。

カモフラージュは依然重いですが、大口エアインテーク、大径ホイール、ツインエキゾーストパイプ、アグレッシブなボディキットを装備し、ブレーキやサスペンションには「RS」専用セッティングが施される模様です。

ワールドプレミアは2017年9月のフランクフルトモーターショーが最有力ですが、2018年3月のジュネーブモーターショーも可能性もあるようです。

(APOLLO)

レッドカラーが刺激的!アウディRS4次期型、パナメーラターボのエンジン移植で460馬力へ向上!(http://clicccar.com/2017/05/10/470467/)