マリア・シャラポワ(ロシア)【写真:Getty Images】

写真拡大

6月エイゴン・クラシック出場も、地元マレーは大会主催者の“集客狙い”を指摘

 女子テニスのマドリード・オープンにワイルドカード(主催者推薦)で出場しながら、2回戦敗退したマリア・シャラポワ(ロシア)。元世界ランク5位、ウージニー・ブジャール(カナダ)とのフルセットの激闘の末に敗れた。ドーピング違反で15か月の出場停止処分を受け、「彼女はペテン師」と痛烈に批判していた「妖精2世」に苦杯を舐めたが、再びワイルドカードでコートに立つ可能性が浮上した。英公共放送「BBC」が報じている。

 記事は「マリア・シャラポワはエイゴン・クラシックのワイルドカードをオファーされるだろう」との見出しで特集。6月19日開幕のエイゴン・クラシック(イギリス・バーミンガム)にワイルドカードで出場を打診される見通しであることを伝えている。

 関係者がBBCに語ったところによると、シャラポワ側と英国テニス協会(LTA)による調整が行われているという。

 この問題について、9日に問われた男子シングルス世界ランク1位で地元イギリスのアンディ・マレーは「彼らは大会を行う上で正しいと考えられることをしているはずだし、何か含みを持たせているわけではないのだろう」と話した上で「これに関して僕が感じることは、はっきりしている。大会主催者は、最もチケットが売れ、注目され、人々に観戦されるということを目指していると思っている」と指摘していたという。

シャラポワ戦は報道陣殺到、マレー分析「そういった状況が必要とされているのだろう」

 さらに「LTAはシャラポワの先日の試合の注目度を目の当たりにしただろう。メディアも詰めかけていた。そういった状況がバーミンガムに必要とされているのだろう。様々な意見があるとは思う。この話題(ワイルドカードを与えるか否か)には意見の相違などがあるだろうね」と話してという。集客の手段としてシャラポワが存在しているとの分析し、賛否が分かれることの見方を示している。

 LTAのスポークスマンは「現在、どの選手をワイルドカードとするか選考しているところです。毎年、念入りに検討しなければいけない事柄です」と語るにとどまったというが、記事では「シャラポワの存在感は、大会のチケット売上も増加させることだろう」と記述。マレー同様、話題性によって大会側にメリットが生まれることを指摘している。

 エイゴン・クラシックは芝で行われ、7月のウィンブルドンの前哨戦と位置付けられる大会。マドリード・オープンでは、ブシャールに対して「私は格上」と主張しながら敗れ、「もちろん、私は落胆している。それこそが私をより優秀な選手にさせてくれる原動力。これでトーナメントやグランドスラムでもっと優勝できると思う」と強気に語っていたシャラポワにとって格好の舞台でもある。

 集客のために主催者推薦が検討されているとの見方が強いロシアの妖精だが、イギリスの芝のコート上に立つことはあるのか。今後も、その動向は話題を呼びそうだ。